LinuxにZabbixサーバをインストールする方法。PosgreSQL+Nginx構築手順。

OSSの統合監視ツールであるZabbixをLinuxにインストールする方法を紹介します。

この手順で使用するLinuxのディストリビューションはOracle Linux使用して解説します。またデータベースの格納にはPostgreSQL、Web ServerにはNginxを利用します。

※ 一般的にはデータベースがMySQL、Web ServerはApacheです。

ZabbixはデフォルトではWebサーバのApacheを利用する設定になっていますが、Nginxにすると一部ハマるポイントがあるので解説しております。

目次

ソフトウェアのダウンロード

Zabbixのダウンロードページにアクセスしましょう。

公式Zabbixのダウンロード

すると以下の画面がなります。そこで選択するディストリビューションを選びましょう。

以下のようにインストールするためのスクリプトが生成されます。勘が良い人はわかると思いますが、これを利用すればZabbixはインストールできます。

PostgresSQLのインストール

LinuxにPostgreSQLをインストールする手順は以下になります。

あわせて読みたい
RHEL/OracleLinux/CentOSにPostgreSQLをインストールする手順 Redhat系ディストリビューションにPostgreSQLをインストールする手順になります。 RHELOracleLinuxCentOS 本手順はOracleLinux8で手順を実施します。 Ubuntuのインスト...

Nginxのインストール

Nginxをインストールする手順は以下になります。

あわせて読みたい
RHEL/OracleLinux/CentOSにNginxのインストールする手順 RHEL/OracleLinux/CentOSにインストールする手順を紹介します。 本手順は全てのdnfコマンドを使用し、全てのディストリビューションで使用することができます。 なお今...

Zabbixのインストール

ここからは実際にPostgreSQL+Nginxを使用したZabbixをインストールします。

まずはzabbix用のリポジトリを取得します。

rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.4/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.4-1.el8.noarch.rpm
dnf clean all

実際にzabbixサーバーやエージェントをインストールします。

dnf install zabbix-server-pgsql zabbix-web-pgsql zabbix-nginx-conf zabbix-sql-scripts zabbix-agent

インストールコマンドは各ディストリビューションで微妙に違います。

ZabbixのDownload and installページでディストリビューション毎の設定を確認してください。

データベースの作成

zabbix用データベースを作成します。

sudo -u postgres createuser --pwprompt zabbix
sudo -u postgres createdb -O zabbix zabbix

データベースの初期データを作成していきます。

zcat /usr/share/doc/zabbix-sql-scripts/postgresql/create.sql.gz | sudo -u zabbix psql zabbix

最後に「/etc/zabbix/zabbix_server.conf」にデータベースのパスワードを設定してください。

DBPassword=password

今回はPostgreSQLを作成しますが、MySQLを使用する場合には、ZabbixのDownload and installページでMySQL用の設定を確認してください。

Nginxの設定

ZabbixのソフトウェアはApache用に作成されているため設定ファイルやパーミッションを変更する必要がある。

まずは「/etc/nginx/conf.d/zabbix.conf」のコメントアウトを外します。server_nameにはIPアドレスかホスト名を記述します。

server {
        listen          80;
        server_name     IPAddress or hostname;

        root    /usr/share/zabbix;

        index   index.php;
~省略~

次にPHP-FPMの設定を変更します。まずは「/etc/php-fpm.d/www.conf」を設定します。php-fpmのコメントアウトは「;」なので注意してください。

; 編集
; user = apache
user = nginx
; group = apache
group = nginx

/etc/php-fpm.d/zabbix.conf」も設定します。

; 編集
;user = apache
user = nginx
;group = apache
group = nginx

; 追記
php_value[date.timezone] = Asia/Tokyo

/etc/php.ini」も修正します。

; 編集
;date.timezone =
date.timezone = Asia/Tokyo

最後にディレクトリのパーミッションを変更します。

chown -R nginx:nginx /etc/zabbix/web

設定が終わったので再起動と自動起動を有効化します。

systemctl restart zabbix-server zabbix-agent nginx php-fpm
systemctl enable zabbix-server zabbix-agent nginx php-fpm

Zabbixの初期設定

ここまで来たらhttp://IPアドレスorホスト名にアクセスして初期設定を行います。

以下の画面でデフォルト言語を日本語に設定します。

次のステップを選択します。

以下をデータベース接続情報に設定します。

  • データベースタイプ:PostgreSQL
  • データベースホスト:localhost
  • データベースポート:0
  • データベース名:任意
  • データベーススキーマ:public
  • ユーザー:任意
  • パスワード:任意

特に設定せずに次のステップを選択します。

デフォルトのタイムゾーンをAsia/Tokyoにして次のステップを選択します。

全てのインストール事前準備が完了したら次のステップを選択します。

以下の画面が出たらインストール完了です。

デフォルトのユーザ名:Admin、パスワード:zabbixでログインします。

以下のように表示されれば無事ログインでき、インストールが完了しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる