Web ブログ

"エックスサーバ―" VS "wpXレンタルサーバー” VS "wpXクラウド"。メリット・デメリットやどんな人向け?

投稿日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

エックスサーバー”と”wpXレンタルサーバー”と”wpXクラウド”のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

仕事で企業のホームページや個人向けブログを多数構築して実績を元に、

この記事では、「どんな人がエックスサーバーを選択すべきなのか?」、「どんな人がwpXレンタルサーバーを使用すべきか?」を紹介します。


エックスサーバーはどんなサービス?料金や評判は?

まずは最もよく使われているレンタルサーバーの「エックスサーバー」について紹介します。

機能サマリ
月額900円 ※ ただし36か月契約時
初期費用3,000円
無料お試し期間10日
ディスクサイズ200GBから
転送量70GB/日
独自SSL無料
データベース50個
マルチドメイン無制限
サブドメイン無制限
メールサポート24時間365日
電話平日10:00~18:00
CGIPerl、Ruby、Python、PHP
CMSWordPress/EC-CUBE/PukiWiki/Movable Type
簡単インストールあり
メールサーバあり
自動バックアップあり
Webサイト高速化技術PHP7、HTTP/2、FastCGI、OPcache、mod_pagespeed

※上記は最安プランX10の月額使用料、ディスク容量、データ転送量になります。

注目するポイントは、WordPressなどCMSを簡単にインストールでき複数サイトを1つの契約で制作できる点です。

複数サイトに制作に必要な大容量ディスクデータベース50個無料独自SSLなど十分すぎる機能があります。

データベースが50個ということはWordpressのサイト50個制作することが出来るということになります。

また使いやすい管理画面初心者にもわかりやすいのもポイントが高いです。

分からないことがあれば24時間365日のメールサポート平日日中帯の電話サポートもあります。

エックスサーバーは沢山人が利用しているため、何か問題となった時にGoogle検索をすれば、解決方法を見つけることができます。

また中上級者向けになりますが、メールサーバーとしても利用出来るのは他のサーバーにはない機能になります。

エックスサーバーのまとめ

  • WordPressが簡単にインストールでき、サーバー速度と安定性が抜群のレンタルサーバー
  • 無料SSLや大容量ディスクなど複数サイトに必要な機能が充実しているので幅広い利用出来る
  • 使いやすい管理画面、24時間のサポートとユーザーホスピタリティも高い

 

wpXレンタルサーバーはどんなサービス?エックスサーバーとの違いや評判?

エックスサーバーよりもWordpressの高速化に特化しているのが「wpXレンタルサーバー」になります。

wpXレンタルサーバーの方がエックスサーバーよりも10倍以上高速と言われています。

機能サマリ
月額1,000円
初期費用5,000円
無料お試し期間14日
ディスクサイズ30GB
転送量50GB/日
独自SSL無料
データベース10個
マルチドメイン10個
サブドメイン無制限
メールサポート24時間365日
電話平日10:00~18:00
CGIPHP7、PHP5
CMSWordPressのみ
簡単インストールあり
メールサーバあり
自動バックアップあり
Webサイト高速化WordPress独自高速化(Varnish Cache)

注目するポイントは、WordPressなどCMSを簡単にインストールでき高速なWordpress環境が提供される点です。

wpXレンタルサーバーはWordpress環境のために最適化されているため大変高速なWebサイトを作成することができます。

なお、データベースが10個ということはWordpressのWebサイトは10個作成できます。

分からないことがあれば24時間365日のメールサポート平日日中帯の電話サポートもありますので安心して利用できます。

また中上級者向けになりますが、メールサーバーとしても利用出来るのは他のサーバーにはない機能になります。

wpXレンタルサーバーのまとめ

  • WordPressの高速化に特化しており、より高速なWordpress環境が必要な時には利用するのがwpXレンタルサーバー
  • 安定性、機能性、サポート体制はエックスサーバーと同等のものが利用可能
  • エックスサーバーよりの高速なWordpress環境が必要な時に利用する。ただし容量やデータ転送量は小さいの注意。

 

wpXクラウドはどんなサービス?wpXレンタルサーバーとの違いや評判?

wpXレンタルサーバーよりも低価格で始めることができるのが「wpXクラウド」になります。

wpXレンタルサーバー同様にwpXクラウドはエックスサーバーよりも10倍以上高速と言われています。

機能サマリ
月額500円から
初期費用0円
無料お試し期間14日
ディスクサイズ10GBから
データ転送量10GB/日から
独自SSL無料
データベース1個
マルチドメインなし
サブドメインなし
メールサポート24時間365日
電話平日10:00~18:00
CGIPHP7、PHP5
CMSWordPressのみ
簡単インストールあり
メールサーバなし
自動バックアップあり
Webサイト高速化WordPress独自高速化(Varnish Cache)

※上記は最安プラングレードAの月額使用料、ディスク容量、データ転送量になります。

注目するポイントは、高速なWordpress環境初期費用”0円”で月額”500円”から始められる点です。

wpXクラウドはwpXレンタルサーバーと同様のサーバー上にあり、

WordPress環境のために最適化されているため大変高速なWebサイトを作成することができます。

初めてのブログ解説企業向けサイトを作成する時には大変オススメのレンタルサーバーになります。

ブログや企業向けサイトの大きさが大きくなっていったら、グレードを上げることでディスク容量データ転送量増強できます。

分からないことがあれば24時間365日のメールサポート平日日中帯の電話サポートもありますので安心して利用できます。

ただし1つの契約で1つのWebサイトしか構築できないので注意が複数サイトを制作するのにはオススメできません。

wpXレンタルサーバーのまとめ

  • WordPressの高速化に特化しており、初期費用”0円”で月額”500円”でブログやWebサイトを制作できる
  • グレードをあげることでディスク容量とデータ転送量を増強できる
  • マルチドメインに対応していないため複数サイトの立ち上げは不可

 

”エックスサーバー” VS ”wpXレンタルサーバー” VS ”wpXクラウド”のまとめ

では、それぞれをメリットを比較表を見ていきましょう。

比較サマリ
月額900円から1000円500円から
初期費用3,000円5,000円0円
無料お試し期間10日
14日
ディスクサイズ200GBから
30GB10GBから
データ転送量70GB/日50GB/日10GB/日から
独自SSL
無料
データベース50個10個1個
マルチドメイン無制限10個なし
サブドメイン無制限無制限なし
メールサポート
24時間365日
電話
平日10:00~18:00
CGIPerl、Ruby、Python、PHPPHP7、PHP5PHP7、PHP5
CMSWordPress、
EC-CUBE、
PukiWiki、
Movable Type
WordPressのみ
簡単インストールありありあり
メールサーバありありなし
自動バックアップありありあり
Webサイト高速化PHP7、
HTTP/2、
FastCGI、
OPcache、
mod_pagespeed
WordPress独自高速化(Varnish Cache)

エックスサーバー」ならば大容量で複数サイトの運営が可能です。

wpXレンタルサーバー」ならば高速Wordpress環境で複数サイトの運営が可能です。

wpXクラウド」が料金を安く済ませて高速なWordpress環境が利用可能です。

 

スポンサードリンク

関連記事

-Web, ブログ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.