WordPressのサブディレクトリタイプへのマルチサイト化とデータベースを移行する手順

WordPressをサブディレクトでマルチサイト化手順を紹介します。

マルチサイト化にはサブドメインタイプとサブディレクトリの2種類がありますが、後者のサブドメイン手順ですのでご注意下さい。

なお本手順はエックスサーバーで手順の確認を行なっています。

参考 エックスサーバーの評判は?ブログやHP制作はこれで決まり!キャンペーンも紹介!

目次

サブドメインのマルチサイト化

マルチサイト化の手順は以下になります。

まずwp-config.phpに以下の内容を追記してください。

define( 'WP_ALLOW_MULTISITE', true );

するとWordPressの管理画面でサイトネットワークの設定ができるようになります。

WordPressのツール->サイトネットワークの設置のインストールできるようになります。

3: .htaccessとwp-configにインストールボタンクリック後の内容を追記する。

最後にリフレッシュしてもう一度ページにアクセスすればマルチサイト化完了です。

マルチサイトへのデータベース移行

wp-contentの取得と移行先ディレクトリへのアップロード

コントロールパネルがある場合コントロールパネルからファイルマネージャーを開き、wp-contentフォルダを取得し、移行先のWordpressのフォルダ(wp-contentのディレクトリ)に入れてください。

コントロールパネルがない場合は、FTPソフトを使いwp-contentを取り出し移行先のwordpressフォルダに入れてください。

例は以下になります。

データベースの移行

最後にデータベースをバックアップし移行先のデータベースに入れます。

まずはデータベースをバックアップしてください。

バックアップするにはphpMyAdminに入り、WordPressが使っているデータベースをクリックしてください。

その後一番下にスクロールし、全てをチェックするにチェックを入れてエクスポートをクリックしてください。

その後詳細をクリックし、

その後出力先をファイルに保存するにチェックを入れ、圧縮をzip形式に変え、

実行をクリックしてください。

次に中身の内容を変えます。

変える内容は以下になります。

  • 中身のドメイン名
  • データベースの接頭語

まずはファイルをエディターで開きwindowsはControl+F、macはcommand+Fでドメインを置換してください。

次にドメイン名を変更した手順でデータベースのアフィクスを修正します。

例は以下になります。

移行元wordpressのDB:

移行先のwordpressのDB:

移行前はwpspですが移行後はwpになっています。

この部分を変えてください。

そして最後にインポートして完了です。

上のインポートをクリックし、

先ほど修正したファイルをアップロードし、実行してください。

これで移行完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる