シン・レンタルサーバーの評判やメリットデメリットを紹介エックスサーバーとの比較も徹底解説!【キャンペーンあり】

シン・レンタルサーバーは国内シェア№1の「エックスサーバー」をベースに、2021年5月に提供開始したサービスです。

「進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ」として、エックスサーバーのシステムをベースとしています。

今回は、シン・レンタルサーバーの特徴や口コミだけでなく、エックスサーバーとの違いについてもまとめました。

自分に最適なレンタルサーバーを探しているのなら、ぜひ参考にしてください。

おすすめな理由①

エックスサーバーと同じシステムを採用

シン・レンタルサーバーの最大の特徴は、エックスサーバーと同じシステムを採用していることです。

エックスサーバーとは国内シェア№1、高速かつ安定した速度で利用できることに定評のあるレンタルサーバーです。

エックスサーバーと同様の高速化技術と使いやすいUIを、シン・レンタルサーバーにも取り入れているため、サイト運営経験の浅い方でも安心して利用できます。

おすすめな理由②

月額770円から利用可能

シン・レンタルサーバーはコスパにも優れているサービスで、月額料金は最安で770円から利用できます。

エックスサーバーの最安プランは990円~であることから、コスパにおいてはシン・レンタルサーバーの方が優れていると言えます。

さらにシン・レンタルサーバーは4つのプランを設けているため、適切な容量から選べることも魅力的なポイントです。

おすすめな理由③

法人利用できるだけのサーバー性能

シン・レンタルサーバーは手頃な価格でありながら、WordPress利用であれば法人利用も可能なパフォーマンスを持っています。実際に「シン・レンタルサーバー 法人」と検索をすると上位表示されています。

国内最速の処理速度と他ユーザーの影響を受けずに安定稼働が可能であることから、いつでも安心してサイト運用ができます。

\ 5月12日まで50%キャッシュバック!実質385円から/

目次

シン・レンタルサーバーのプラン・料金解説

シン・レンタルサーバーのプランは4つ、個人ならベーシック、法人ならプレミアム以上

シン・レンタルサーバーには、4つのプランがあります。

プランごとに、個人と法人を分けてはいませんが、個人ならベーシックプラン、法人ならプレミアムプランまたはビジネスプランがおすすめです。

ベーシックプランは月額料金770円から使えるプランで、個人サイトの運営では十分なサーバースペックが備わっています。

長期契約することで、月々の料金が安くなるためお得です

一方で、法人利用を考えている方は、プレミアムプラン以上を契約しましょう

法人で利用する場合、サーバー稼働率が安定していることに加え、CPUやメモリ、ディスク容量は大きい方が望ましい傾向があります

費用は掛かりますが、十分なサーバースペックを保持しているプレミアムプラン以上がおすすめです。

下記はシン・レンタルサーバーのプランごとの月額料金です。

プラン名ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
初期費用無料無料無料無料
3か月9901,9803,9607,920
6か月9901,9803,9607,920
12か月8801,7803,5607,120
24か月8251,6503,3006,600
36か月7701,5403,0806,160
※税込価格

契約中は永久無料ドメインであり。新規・移管のどちらでも無料になる!

シン・レンタルサーバーでは、契約特典として独自ドメインが無料で提供されます。

また、提供された独自ドメインは、シン・レンタルサーバーを契約している間は更新料が一切かかりません!

新規・移管に関わらず、無料で提供されるのは嬉しいポイントです。

ドメインは下記の中から選べるのも魅力。

.com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site 

一般的に新規ドメインは数百円で取得できますが、更新費用は約1500円~3000円ほどかかります。

契約特典の永久無料ドメインを上手に使って、独自ドメインの取得費と年に1回の更新料をお得に節約しましょう!

さらに1年だけの無料ドメインもあり。更新料がかかるため注意が必要

シン・レンタルサーバーでは契約特典として、1年間無料のドメインが提供されます。

永久ドメイン無料特典を利用済みの方でも、申請できることは魅力です

対象ドメインは下記から選べますが、人気ドメインは使えません

.online / .space / .website / .site / .tech / .store / .osaka / .moe / .earth / .design / .ink / .wiki / .xyz / .group / .email / .live

サイトを複数運営しようと考えている方は、契約時の2つの特典、「ドメイン永久無料特典」「ドメイン1年間無料特典」を利用してお得にサイトを開設できます。

ただし、1年間無料ドメインの特典は、2年目以降に更新料が必要となるため注意しましょう!

・1年間無料ドメインは移管には対応していません
・クイックスタートを利用する場合、お申し込み時のドメイン取得では、1年間無料ドメインを適用できません。

支払い方法と自動更新

シン・レンタルサーバーの支払方法は、クレジットカード決済・銀行振込・コンビニ決済の3種類から選べます

支払い方法は、更新時に選択可能です。

また、自動更新を利用したい方は、支払い方法をクレジットカードにする必要があります

自動更新を利用して支払う場合は、レンタルサーバーとドメインで設定変更の期限が異なるため注意が必要です

シン・レンタルサーバーの自動更新処理は、毎月20日から末日にかけて引き落としが実施され、解約する場合は更新月の19日までに設定を変更しなくてはなりません。

例) 2022年10月31日が利用期限の場合

・継続してサーバーをレンタルする
2022年10月20日~10月31日の間に引き落とし

・解約する場合
2022年10月19日までに自動更新設定を解除

ドメインの自動更新は、利用期限日の2か月前までに設定変更する必要があります。

また、自動更新処理は毎月20日から末日にかけて、引き落としが実施されるため、チェックしておきましょう。

例)2022年10月31日が利用期限の場合

・継続してドメインを利用する場合
2022年8月20日~8月31日の間に引き落とし

・解約する場合
2022年8月19日までに自動更新設定を解除

ドメインの解約を考えている方は、2か月前に設定変更の必要があるため注意してください。

開催中のキャンペーンと過去キャンペーンを紹介。現状クーポンなし!

シン・レンタルサーバーは、頻繁に期間限定キャンペーンを実施しています。

開催中のキャンペーンは下記です。

キャンペーン内容
50%キャッシュバック

期間
2022年4月7日(木)18:00~2022年5月12日(木)18:00まで

特典
12か月以上の新規契約をした場合、初回料金の半額がキャッシュバックされます
例)ベーシックプランを12か月契約する場合
月額料金880円×12か月÷2(半額)=5,280円がキャッシュバック

※長期契約すると、キャッシュバック金額が増加します。

過去に開催されたキャンペーンは下記です。

キャンペーン内容
新規契約で全プラン30%割引

期間
2022年2月24日~2022年4月7日

特典
キャンペーン実施中に、レンタルサーバーを新規契約すると利用料金が30%割引されます

キャンペーン内容
半永久無料

期間
2022年2月10日~2022年2月24日

特典
新規契約時に5年分先払いすることで、対象プランを5年目以降は無料で使えます。
対象プランはベーシックプラン、スタンダードプランの2つ。
料金は36か月契約時の料金×5年分(60か月)
・ベーシックプラン 46,200円
・スタンダードプラン 92,400円
5年以内にサービスが終了した場合は差額が返金されます。

キャンペーン内容
新規契約で全プラン30%割引

期間
2022年1月13日~2022年2月10日

特典
12か月以上の新規契約をした場合、初回料金の半額がキャッシュバックされます
例)ベーシックプランを12か月契約する場合
月額料金880円×12か月÷2(半額)=5,280円がキャッシュバック

※長期契約すると、キャッシュバック金額が増加します。

現在、使用できるクーポンはありません。

シン・レンタルサーバーのサーバースペックや各種提供機能とは?

サーバースペック

プラン名ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
OSCloudLinuxCloudLinuxCloudLinuxCloudLinux
CPU6コア8コア10コア12コア
メモリー8GB12GB16GB20GB
SSD容量300GB400Gb500GB600GB
MVNe
転送量無制限無制限無制限無制限
ドメイン無制限無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限無制限
サイト数無制限無制限無制限無制限
データベース無制限無制限無制限無制限
データベース名無制限無制限無制限無制限
RAID構成RAID10RAID10RAID10RAID10

全ストレージに高速インターフェース「NVMe(エヌブイエムイー)」を採用しています。

そのため、従来のオールSSD環境と比較し読み込み速度が最大約14倍速いのが特徴です(2020年1月時点エックスサーバー調べ)。

WordPress関連

シン・レンタルサーバーに用意されているWordPress関連の機能を紹介します。

WordPress簡単インストール
シン・レンタルサーバーの「WordPerss簡単インストール」を使うことで、簡単にWordPressを導入できます。
また、シン・レンタルサーバーの公式HPに、画像付きで分かりやすく、手順が記載されているため、専門知識が無くてもサイトを作れるのは嬉しいポイントです。
WordPressの構築の相場は、ミニマム約3万円(一般的なWordPress構築費用から算出)。
したがって、「WordPerss簡単インストール」の利用で約3万円以上節約でき、費用を抑えられます
WordPress簡単移行
シン・レンタルサーバーの「WordPress簡単移行サービス」は、他社のレンタルサーバーで使用しているWordPressを、自動でシン・レンタルサーバーに移行できます。
設定が移行できるデータは下記です。

・アップロードした画像ファイル
・プラグイン
・テーマファイル
・データベース内のデータ(記事のデータや各種設定)


移動は、移行元のURL、移行先WordPressのユーザー名、移行先WordPressのパスワードを記入するだけです。
WordPressの詳しい知識が無くても、安心して利用できるのは嬉しいポイント。
設定が移行できないデータもあるため、シン・レンタルサーバーの公式HPより確認してください。

サーバー運用関連

シン・レンタルサーバーに搭載されているサーバー運用するために便利な機能を紹介します。

自動バックアップ
シン・レンタルサーバーの自動バックアップ機能は無料で利用できます
全プラン標準で搭載されており、内容は下記です。

・サーバー上のデーターを毎日自動でバックアップ(深夜から早朝にかけて実行)
・サーバー領域のWeb・メールデータ「過去14日分」
・MySQLデータベース「過去14日分」


また、データの復旧も無料でできる点は魅力です。
重要なデータを紛失する可能性が低下するため安心してレンタルサーバーを利用できます。
サポート内容とサポート時間帯
シン・レンタルサーバーのサポート内容と時間帯は下記の通りです。

・メール:お問い合わせをしてから24時間以内に返信(受け付けは24時間365日)
・電話:平日10:00~18:00


新規契約に関する質問だけでなく、契約後のお困りごとについても相談できるため、安心してレンタルサーバーを利用できます。

セキュリティ機能関連

シン・レンタルサーバーに搭載されているセキュリティ関連の機能を説明します。

セコムセキュリティ診断
セコムトラストシステムズ社のセキュリティ診断サービスで、ネットワーク上の脆弱性を診断
客観的なセキュリティ診断を定期的に実施しています。
独自無料SSL
シン・レンタルサーバーでは無料かつ無制限で独自SSLが利用可能です。
常時SSLを設定することで、サイトの信頼度の向上検索順位への好影響セキュリティ向上が期待できます。
有料のSSLは年間3万円〜10万円以上の費用が必要なものもあるため、無料SSLの利用でコスト削減が叶います。
WordPressログイン試行回数制限
WordPresaに短時間で複数回のログインが繰り返された場合、一定時間ログインを制限する機能です。
パスワードのブルートフォースアタック(総当たり攻撃)を防止可能で、サイトの乗っ取りや破壊を防ぎます。
国外IPアドレスからのアクセス制限
シン・レンタルサーバーでは国外のIPアドレスからのアクセスを制限することで、国外からの攻撃やサイトの乗っ取り、不正アクセス、サイト破壊を防ぎます
大量コメント・トラックバック制限
トラックバックとは参照元のサイトに、引用したことを通知する機能です。
大量のコメント・トラックバックが行われた場合に、一時的にコメント・トラックバックを制限することで、サイトを守ります
コメント・トラックバックの制限は6時間経過後に、自動で解除されます。
国外IPアドレスからのコメント、トラックバック制限
トラックバックとは参照元のサイトに、引用したことを通知する機能です。
国外IPアドレスからのコメント投稿、トラックバックを制限することで、国外からのスパム攻撃やサイトの乗っ取り、不正アクセス、サイト破壊を防ぎます

メール機能関連

シン・レンタルサーバーに搭載されているメール関連の機能を説明します。

メーリングリスト
メーリングリストとは、リストに登録したメールアドレスに同じ内容のメールを一斉に送信する機能です。
複数の相手に同じ内容のメールを送信する場合、全員のメールアドレスを記入する必要があります。
しかし、メーリングリストを用いると、1つのメールアドレスに送信するだけで、全員に同じ内容のメールを送信できます
時間の短縮と労力が軽減します。
メールマガジン
メールマガジンとは、新聞や雑誌などの情報発信をメールで行うサービスです。
メールマガジンを利用することで、マーケティングの幅を広げたり、コンテンツへの訪問を促進したりできます
各メールマガジンには1000件のメールアドレスをユーザーとして登録可能です。
メール転送
あらかじめ指定したメールアドレスに、メールを自動で転送する機能です。
第3者とメールの内容を常に共有したいときに、あらかじめ第3者のメールアドレスを登録することで、楽に共有できます。
メール自動返信
受信したメールに対して、あらかじめ用意した定型文のメールを、自動的に返信する機能です。
自動返信機能を用いることで、メール作成や返信の手間を省けたり、送信者にメールが確実に届いたことを知らせたりできます。

有料プランの説明

シン・レンタルサーバーには有料でオプションが用意されています。

  • 設定代行サービス

各種サーバー設定を代行してくれるオプションです。

下記の表は、代行のサービス内容。

作業項目作業内容所要日数価格(税込価格)
まとめて初期設定・CMSインストール(合計10件まで)
・メールアドレス作成(100件まで)
・独自ドメイン設定(10ドメイン)
・サブドメイン設定(20ドメインまで)
2営業日33,000円
CMSインストールWordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール(1件)2営業日5,500円
メールアドレス作成メールアカウント設定(100アカウントまで)2営業日5,500円
独自ドメイン設定独自ドメイン設定(10ドメインまで)2営業日5,500円
サブドメイン設定サブドメイン設定(20ドメインまで)2営業日5,500円
サーバーのデータ削除指定したフォルダ内のデータを削除3営業日程度11,000円
サーバー移転WordPressのサーバー移転など(1件)5営業日程度33,000円
(移転するサイト1件あたり)
その他サーバーパネルの操作代行サーバーパネルで提供する各機能・設定の操作を代行別途お見積り別途お見積り
引用元:https://server.xfree.ne.jp/service/detail_daiko.php

プロに任せることで、初心者でもサイトを簡単に始められたり、サイトを正確に移行してくれたりします。

  • オプション独自SSL
オプションSSL
シン・レンタルサーバーでは手軽に使える無料のSSLに加えて、高い信頼性があるオプション独自SSLが選べます。
シン・レンタルサーバーで用意されているオプションSSLは下記です。

ドメイン認証SSL:880円~/年(個人におすすめ)
企業認証SSL: 33,000円~/年(企業・法人サイトにおすすめ)
EV SSL:83,600円~/年(大企業におすすめ)

wpXから名前が変わったシン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーは2022年2月1日に、「wpXシン・レンタルサーバー」から「シン・レンタルサーバー」に改名しました。

プラン内容は変更しておらず、変わったのは名前だけです!

旧wpXのサービスとは異なる、リニューアルされたサービス。

また旧wpXである「wpX Speed」や「wpXクラウド」、「wpXレンタルサーバー」などのサービスは、現在も提供されています

ただし、「wpXクラウド」、「wpXレンタルサーバー」の新規契約は2019年10月24日に終了しています。

2019年10月24日以前に契約していた方は、現在も利用可能です。

KUSANAGIとは何か?Wordpress+ KUSANAGI+リソース保証で高速化の実力

シン・レンタルサーバーは国内最速のサーバー処理速度を誇っています。(2021年10月4日エックスサーバー調べ)。

最速となっている理由は、下記の2つです。

  • KUSANAGIの導入
  • レンタルサーバーのリソースを保証している

KUSANAGIとは、WordPressなどのウェブシステム向けに最適化された仮想マシンのイメージです。

仮想マシンとは、ソフトウェアを用いて、パソコン内にパソコンと同じ機能を疑似的に再現する技術のことです。

KUSANAGIはWordPressの処理速度を、従来と比較して約15倍高速化できます

また、シン・レンタルサーバーでは厳格なリソース管理をしており、他ユーザーからの影響がありません

多くのレンタルサーバーでは、ユーザー同士でサーバーを共用しています。

そのため、他のユーザーがリソースをたくさん利用することで、サーバーが圧迫されサイトの表示速度が遅くなるなどの障害が生じます。

一方で、シン・レンタルサーバーでは利用者それぞれのリソースが確保されているため、常に高速でサイト表示が可能です

エックスサーバーと違いは何か?結論安定のエックスサーバー、最新鋭のシン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーと同様のシステムを利用しています。

それでは、「具体的な違いは何か」を知りたい方に向けて、両者の違いを下記の表にまとめました。

シン・レンタルサーバーエックスサーバー
料金770円〜990円〜
最大ディスクスペース600GB
(ビジネスプラン)
500GB
(ビジネスプラン)
アダルト利用可能不可

シン・レンタルサーバーとエックスサーバーの決定的な違いは、高速化に対するスタンスです。シン・レンタルサーバーはエックスサーバーに先駆けて、高速化技術「KUSANAGI」をいち早く導入しています。

2021年11月現在はエックスサーバーにもKUSANAGIが導入されていますが、シン・レンタルサーバーよりも後であることから、両者は異なるスタンスであることが分かります。

エックスサーバーについては以下の記事で詳しく解説しているため、気になる方はこちらもご覧ください。

【関連】エックスサーバーは法人向けにもおすすめ!高速・安定利用ができる理由を徹底解説

よくある質問

申し込みから利用開始までにはどのくらいの期間がかかりますか?

申し込みから24時間以内に設定が行われ、完了メールを受け取った後にサービスが利用できます。

一つの管理パネルで複数の契約を管理できますか?

アカウント内のシン・レンタルサーバー契約管理ページ「+追加申し込み」から申し込みすることで、複数のアカウント管理が可能になります。

支払い方法は何があるか?また請求書・領収書は発行してもらえるか?

シン・レンタルサーバーではクレジットカード決済、銀行振り込み、コンビニ決済から支払方法を選べます。

請求書はwpxアカウントよりPDFファイル形式でダウンロード可能です。
また、書面での発行を希望する場合は別途220円が必要。

領収書の発行は行っていません。

日割り計算はありますか?また月の途中から契約して無駄にならないですか?

日割り計算はございません。

ただし、ご利用料金は申込日の翌月1日から起算されるため、月の途中から契約しても無駄になりません。

例)7月15日ご利用開始 → 8月1日が料金の起算日

プランの変更はできますか?

変更可能です。

上位プランと下位プラン、どちらへも変更できます。

サポート時間帯やサポート内容を教えてください

メールと電話からお問い合わせが可能。
対応時間は下記のとおりです。

・メール対応 
 お問い合わせをしてから24時間以内に返信(受け付けは24時間365日)
・電話対応

 平日10:00~18:00

転送量の制限はありますか?

データ転送量の課金はありませんが、ネットワークやサーバーに対して過大な負荷が掛かる場合には、制限することがあります。各プランの転送量の目安は下記の通りです。

ベーシック:900GB/日
スタンダード:1200GB/日
プレミアム: 1500GB/日
ビジネス:1500GB/日

SLA(サービス品質保証)は何か?

SLAを定めておりません。

お試し期間などはありますか?

10日間のお試し期間があります。ほぼ正式なサーバーと同様の機能が利用可能です。しかしメールアカウントの作成・サーバープログラム(CGI/PHPなど)によるメール送受信・サブFTPアカウントの作成などは制限されています。

10日間のお試し期間中に機能制限はありますか?

メールアカウントの作成・サーバープログラム(CGI/PHPなど)によるメール送受信・サブFTPアカウントの作成などが制限されていますが、ほぼ正式なサーバーと同様の機能が利用可能です。

\ 5月12日まで50%キャッシュバック!実質385円から/

シン・レンタルサーバーのメリットとデメリット

メリット①他ユーザーの影響を受けない安定稼働

シン・レンタルサーバーは共用サーバーで運用しており、この形式のデメリットとして、他ユーザーの利用状況によっては速度が遅くなってしまう点が挙げられます。

しかしシン・レンタルサーバーでは、ユーザーごとにリソースを振り分けているため、その領域内であれば遅くなる心配がなく、安定した稼働が可能です。

「せっかく安く利用できるのに、遅くなって使いづらい」といった心配はシン・レンタルサーバーでは起こりにくいので、いつでも快適に利用できます。

メリット②高速化技術の導入により快適に利用できる

シン・レンタルサーバーはWordPressの高速化に力を入れており、最先端技術「KUSANAGI」をいち早く導入しています。

実際にシン・レンタルサーバーの処理速度は2021年10月調べで、国内最速をマークしています。

サーバーの処理速度が速ければ、快適なサイト運営が実現できるます。サーバー処理速度を重視したい方にはシン・レンタルサーバーがおすすめです。

メリット③自動バックアップ機能搭載によりデータ消失の心配がない

シン・レンタルサーバーは自動バックアップ機能を搭載しているため、データを消失してしまう心配がありません。

サイト運営で稀にあるのが、何らかのトラブルでパソコンが故障してしまい、作成中だったコンテンツが消えてしまったという事態です。この時にサーバーに自動バックアップ機能が搭載されていなかった場合、途中経過が保存されないため、最初から作り直すことになってしまいます。

しかし自動バックアップ機能が搭載されていれば、お使いのパソコンに万が一があったとしても、途中経過の段階から再開できます。万が一の事態に備えて、自動バックアップ機能が搭載されているシン・レンタルサーバーを検討してみてください。

デメリット①インターネット検索でナレッジを探しにくい

シン・レンタルサーバーは比較的新しいレンタルサーバーサービスであり、運用サイト数が220万件を超えているエックスサーバーに比べて、インターネット上にナレッジが少ないです。

そのため、疑問点をインターネット検索で解決することが難しい場合があリます。

しかし、シン・レンタルサーバーの公式サイトには豊富なマニュアルが用意されていることから、これは大きなデメリットとは言えません。

デメリット②リソース不足が通知されない

シン・レンタルサーバーのデメリットとして、リソース不足が通知されないという点があります。

サイトにアクセスが急増した場合にも、サーバーパネルから状況を確認しなければ、自分のサイトのリソースの状況が分からないのです。

自動プランアップやリソース不足通知がないことから、こまめなリソース状況のチェックが必要になります。

デメリット③KUSANAGI独自のエラーに対応する必要がある

先ほどもお伝えしたように、シン・レンタルサーバーでは高速化技術「KUSANAGI」をいち早く導入していますが、このKUSANAGI独自のエラーに対応する必要があります。

このエラーはKUSANAGIのキャッシュやプラグインの競合が原因で発生します。

しかし、最近ではKUSANAGIの情報も増えてきていることから、インターネット検索をすれば対処方法が見つけられるため、自力で問題を解決できます。

デメリット④上位プランへの変更は前月1〜20日までの期間のみ

シン・レンタルサーバーのプランを契約時のものから上位プランにアップグレードしたい場合には、プラン変更希望日の前月1日〜20日までに申請が必要です。

それ以降になると翌月から反映ができないため、注意してください。

シン・レンタルサーバーの口コミ・評判

エックスサーバーにあるRuiPressの表示速度が相当遅くなたので、レンタルサーバーをシン・レンタルサーバーに乗り換えたところ、トップページの体感速度が非常に速くなりました。
(40代男性・企業サイト)

シン・レンタルサーバーめっちゃ早い。エックスサーバーの1.5倍くらい早い。
私はエックスサーバーの中でも古い方のサーバーを使ってたみたいだったみたいなので、エックスサーバーでも新しい方のサーバーなら早いのかな?
(30代男性・個人ブログ)

シン・レンタルサーバー をお試しで使用中です。
現在使用中のサーバーと同じ条件でGTmetrixとPageSpeedInsightsで調べてみた結果、20%~30%くらい良くなりました。
(40代男性・個人ブログ)

シン・レンタルサーバーにしてからWordPressの下書き保存がとても速くなりました。
(30代女性・個人サイト)

シン・レンタルサーバーを利用して、WordPressの表示スピードが速く、コストも抑えられているため、「コスパが優れているレンタルサーバー」と感じています。
シン・レンタルサーバーは、今までのレンタルサーバーにはなかった新しい機能(KUSANAGIの高速化技術やプライム・ストラテジーなど)が搭載されたレンタルサーバーなので、WordPressの表示スピードが速く、とても快適に使えています。価格も安く、自分が加入しているベーシックプランは「539円(税込)」で利用できます。容量も「200GB」と大きく、WordPressの表示速度も速いため、コスパが優れているレンタルサーバーだと思います。
(30代男性・個人ブログ)

最近サービスが始まった、新しいレンタルサーバーではありますが、キャンペーンが魅力的だったので契約しました。まずは10日間のお試し期間中に、使い心地を試しました。10日間使ってみた感想としては、サーバーは低価格なのに十分過ぎるほど快適です。サーバーがもたつくような重たさは今のところはないので、ストレスなく使えます。
また、コントロールパネルの操作が簡単で、使いやすいのは魅力ですさらにキャンペーンも適用されたので、お得に契約でき、満足しています
一番価格の安いベーシックプランを契約していますが、個人のブログ用としては申し分ありません。ベーシックプランであっても電話やメールのサポートも付いているので、良心的に感じます。
(40代男性・個人ブログ)

個人ブログの運営でこちらのレンタルサーバーを使っています。
シン・レンタルサーバーはオールNVMeのRAIDで構成されており、オールSSD環境ですのでデータの読み書きがとても早く便利でした
WordPress表示も速く安定しているため、以前使っていたサーバーと違い、時間帯やアクセス集中時でも安定して使えます。
自分が使っているのはスタンダードプランですが、CPUやメモリ、SSD(ディスク容量)も十分にあるので特に問題なく使えています。
料金がリーズナブルで、初期費用もかからないため、金銭的な負担があまりありません。くわえて、転送量の課金が無い点は、嬉しいポイントです
他社のレンタルサーバーと比べても、他ユーザーの影響を受けずに快適に使えるので、便利なレンタルサーバーだと思います。
(30代女性・個人ブログ)

良かった点は、「エックスサーバーの新たなカタチ」と銘打っていることもあり、実際に使ってみると処理速度が非常に早いことです。複数のタブを開いても動作が速く、ストレスを感じることがありませんでした。また、CPUやメモリなどのリソース機能が管理されており、安心して使えます。さらに、スタンダードプランでもメモリや容量が大きく、人気のドメインに対応しており使いやすいのが魅力です。
したがって、ワードプレスでホームページを作りやすく、以前使っていたサーバーと比較すると作業を効率化できるようになりました。KUSANAGIを使えば高速化もできるようになり、多くの作業があっても対応できます。KUSANAGIを使った高速化は無料なので、組み合わせるとコスパが高いように感じます。
(40代男性・ホームページ)

価格はだいぶ安い印象を受けました。
機能が揃っているにもかかわらず、月額770円~は破格ですし、コスパがとても良く感じます
ちなみに、2021年7月14日から2021年10月7日までの期間中、新規に申し込むと初回支払い時の利用料金が30%オフになるキャンペーンをやっていた時に使用したので最安月額539円~と、とても安く使用できました。
使い勝手に関してですが、ユーザーインターフェースは、直感的に使い方がわかるため、操作がしやすくて助かります
WordPressもサイト名、ユーザー名、パスワードの3つを入力するだけで、超簡単にインストールできるため、初心者でもスムーズにスタートできると思います。
(20代男性・複数のアフィリエイトサイト)

サービスに不満はないのですが、契約後に新規契約値引きキャンペーンのメールがたくさん送られてくるのが不愉快です。
既存会員も値引きをしてほしいと感じます。
(40代男性・個人ブログ)

WordPressとプラグインのアップデート時にエラーが出る場合があります。技術力が必要です。
急遽WordPressとKUSANAGIに詳しいエンジニアにお願いすることになり大変苦労しました。
(40代女性・企業ブログ)

使っているテーマがKUSANAGIだと正常に動きませんでした。初心者の私には直すのに一苦労しました。
(30代女性・個人ブログ)

悪いと感じている点は、「まだ比較的新しいレンタルサーバーなのでエラーがある」ことです。シン・レンタルサーバーは新興なので、これから改善していきエラーも少なくなっていくのだと思いますが、極力無くしてほしいと感じています。自分の場合は、SMSが届かなかったり、音声通話認証を利用しても「システムエラーのため、終了します」と出てきます。初めは個人でなんとかやっていたのですが、わからなくなったため、サポートに電話しました。すぐに改善してもらえましたが、初めて利用する人のためにも、エラーが極力出ないようにしてほしいと思いました。それ以外は問題ないと感じているので、さらに利用しやすくしてほしいと感じています。
(30代男性・個人ブログ)

電話でのサポートが平日のみとなっている点がやや残念です。平日のみでしかも18時までとなっているため、せめて平日の夜間も対応してくれたらと思っています。またメールでのサポートは24時間受付けていますが、回答が得られるまでのスピードがやや遅いのが残念です。他社のレンタルサーバーの手厚いサポートだったらメールで問い合わせたら迅速に回答をもらえます。その点「シン・レンタルサーバー」においては、メールの問い合わせをしたら、なかなか回答が得られないこともあったのでサポート体制に関しては、残念です。サーバーが安定して速いのでしばらくは契約しますが、今後のサポート体制しだいでは他社のレンタルサーバーを考えたいと思っています。
(40代男性・個人ブログ)

自分が申し込んだときは最大で10日間の無料お試し期間でした。他社のレンタルサーバーのお試し期間は2週間以上と長く、10日間というのは少し短いような気がしました
自分はスタンダードプランを契約しているため、月額料金が安いプランですが、最上位のビジネスプランだと料金が高いため、金銭的な負担が大きくなりそうです。
個人で使うならいいですが、大きな企業が使う場合はスタンダードプランの機能だけでは足りないかもしれません。
メールサポートは24時間対応していますが、電話での受付は平日だけなので、どうしても電話で直接相談したい時に対応してもらえないのが少し残念でした。
それ以外で特に悪かった点はないと思います。
(30代女性・個人ブログ)

悪かった点は、プランを選ぶときに、ある程度の知識や経験がないと厳しいことです。サーバーの容量をきちんと確かめないと、動作が遅くなるため、自身で適したプランを選ぶことは難しく感じます。また、他社のレンタルサーバーよりも料金が高く、失敗した時のリスクが高いと言えます。メモリやCPUがカツカツにならないようにしないとエラーが起きやすくなり、最適なプランを最初に選ぶ必要があります。また、容量の目安を表示できないため、いつの間にか遅くなることもあり、いざというときに困ることがありました。しかし、最近ではこのような弱点も改善されつつあり、今までのレンタルサーバーよりも進化していると言えそうです。デメリットはメリットにもなるため、自分で容量を把握して選ぶことが重要です。
(40代男性・ホームページ)

メモリやCPUの上限があるのが難点かなと感じました。
なので、私のようにバカバカ20サイトとか入れるタイプだと、1番安いプランでは速度が落ちてしまいます。
複数サイトを運営するなら、メモリを気にする必要がない、エックスサーバーやConoHa WINGの方がむしろコスパ良く速さを維持できるかなと感じました。
新規で3、4サイト入れるくらいなら、ベーシックでも全然大丈夫だとは思いますが、5サイト以上、それも記事が多い場合だと、キャッシュなどがメモリを消費し、CPUのコア数的にも全力を出しにくいと個人的には思います。
実際に、無料期間中を利用して、自分で速度チェックするのが1番いい方法かなと感じました。
(20代男性・複数のアフィリエイトサイト)

ベースであるエックスサーバー自体の評判がいいことから、利用して後悔するといったリスクが軽減されています。

シン・レンタルサーバーの始め方

Xシン・レンタルサーバーを始めるための手順は、以下の通りです。

  1. 「Xアカウント」を作成する
  2. 料金の支払い手続きを決定する
  3. 「WordPress簡単インストール」をクリックし、画面に沿って進める
  4. サイト運営が可能に

ここまで10~20分くらいかかりますが、画面に沿って従えばできる作業のため、難しいことはありません。

まとめ

シン・レンタルサーバーの特徴は以下の5つです。

  • エックスサーバーと同じシステムを採用
  • 月額料金770円~とコスパよく利用可能
  • 他ユーザーの影響を受けることがないため、安定して稼働できる
  • 自動バックアップ機能搭載により、データ消失の心配なし
  • アダルトコンテンツでも利用可能

コスパに優れているだけでなく、安定かつ高速処理ができるサーバーのため、快適なサイト運営ができます。

さらにWordPress簡単インストールの搭載により、サイト運営の経験が浅い方でも、問題なく操作できるようになっているのは魅力です。

シン・レンタルサーバーであれば安く、早く、そして簡単に利用できます。ぜひシン・レンタルサーバーの導入を検討してみてください。

本当におすすめな人はこんな人

・高速かつ安定稼働のレンタルサーバーを探している方
・コスパに優れたレンタルサーバーが使いたい方
・手頃な価格でアダルトコンテンツにも対応可能なレンタルサーバーを探している方

\ 5月12日まで50%キャッシュバック!実質385円から/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる