Web Wordpress

WordPressでSSL化(HTTP→HTTPS)する方法

投稿日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

今日はWordpressのSSL化の方法を紹介します。

検索エンジン界の王であるGoogleでも「SSL化しているサイトは上位は表示するよ!」と明言しているので、Webサイトを運営する上でSSL化はmustになってきています。

この記事を読んで必ずSSL化したWordpressサイトを作成しましょう。


SSL化するってどういうこと?

サイトをSSL化をこのサイトを例にして説明しましょう。

このサイトURLは「https://shimi-dai.com/」です。

仮に「http://shimi-dai.com/」にアクセスしても、自動的に「https://shimi-dai.com/」にURLが変換(リダイレクト)させます。

SSL化サイトをGooglechromeでアクセスすると、↓のように保護された通信となります。

SSL化サイトにすることで暗号化通信ができるようになっています。

暗号化することにより、Web通信を盗聴改ざんを防ぎます。

ドメインをSSL化する

各ドメイン会社に問い合わせて、取得しているドメインをSSLサーバ証明書を発行してもらう必要があります。

SSL証明書の種類については、またの機会に説明します。

また一部のレンタルサーバ会社は、無料で独自ドメインのSSL証明書を発行してくれます。

なかでもオススメなのはエックスサーバーです。サーバスペックと値段のバランスがよく、コスパがとても良いです。

↓のリンクからエックスサーバにアクセスすることができます。



.htpasswdの編集

SSL証明書の発行が終わり、SSLの設定が終わったら.htpasswdでURLのリダイレクト設定をします。

「index.php」が格納されているディレクトリにある、「.htaccess」に以下を追記します。

「.htaccess」は隠しファイルであるため、環境によっては見えない可能性があります。

これを追記することで、仮に「http://shimi-dai.com/」にアクセスしても、自動的に「https://shimi-dai.com/」にURLが変換(リダイレクト)してくれます。

必ず設定しておきましょう。

WordPressのサイトURLを変更

次にWordpressのサイトURLを変更します。

WordPressの「設定」⇒「一般」の下の画面の赤枠を「http://~~」から「https://~~」に変更します。

上の例では、「http://shimi-dai.com」からに「https://shimi-dai.com」に変更しています。

これですべての設定は完了です。お疲れ様です!

スポンサードリンク

関連記事

-Web, Wordpress

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.