CentOS OS インフラ

CentOS7でrootユーザのパスワードを忘れた時にパスワードをリセットする方法

投稿日:2018年2月26日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

CentOS7 のrootパスワードを忘れてしまって、何もすることができない。。。

ということがありました。その時の備忘録としてrootユーザのパスワードリセット手順を残しておきたいと思います。


rootのパスワード変更手順

まずはCentOSを再起動させましょう。

すると↓の画面が出てきますので、ここで「eボタン」を押して編集モードに切り替えてください。

「eボタン」を押すと↓の画面が出てきます。ここで「↓」を押して画面をスクロールさせます。

下にスクロールすると「rhgb」と「LANG=jp_JP.UTF-8」があるので、これを削除します。

次に「rw init=/bin/sh」を追記します。英字キーボードになっているので「=」は「」になっているはずです。

これを入力しましたら、「Ctrl+x」を押してOSを起動させます。

OSが起動したら「passwd」コマンドでrootユーザのパスワードを変更します。

passwd:all authentication tokens updated successfully.」が出力されれば変更が完了です。

次にSELinuxの設定を確認します。「cat /etc/selinux/config」でSELinuxの状態を確認します。

SELINUX=enforing」となっていたら有効化されています。

touch /.autorelabel」を実施しておきましょう。

最後に「exec /sbin/init」で完了です。

この後にサーバを念のため再起動させましょう。これでrootのパスワードリセットは完了です。

みなさんもrootのパスワードは忘れないようにしましょう。。。

 

スポンサードリンク

関連記事

-CentOS, OS, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.