Python

[Python] タプル、リスト、辞書型データの違い。それぞれの使い方は?

2020年1月17日

Pythonのタプル、リスト、辞書型データの違いについて紹介していきます。

それぞれの特徴や使いどころについて紹介したいと思います。

タプルとは?

タプルはリストや辞書と違い、勝手に要素を追加・削除・変更できない、固定数リストになります。

要素の順番を変える必要やデータの変更が必要ない場合に利用します。

使用方法は (データ1,データ2,データ3,)になります。

タプル内には文字列、数値型のデータを格納でき、リストや辞書型と違い高速にアクセスできます。

タプルの使用方法は (文字列/数値,) になります。

以下が使用方法になります。

tuplenum1=('hi',)
print(tuplenum1)

tuplenum2=(1,)
print(tuplenum2)

tuplenum3=(1.5,)
print(tuplenum3)

tuplenum4=('hi','my','name','is','apple')
print(tuplenum4)

実行結果は以下になります。

>>> tuplenum1=('hi',)
>>> print(tuplenum1)
('hi',)
>>>
>>> tuplenum2=(1,)
>>> print(tuplenum2)
(1,)
>>>
>>> tuplenum3=(1.5,)
>>> print(tuplenum3)
(1.5,)
>>>
>>> tuplenum4=('hi','my','name','is','apple')
>>> print(tuplenum4)
('hi', 'my', 'name', 'is', 'apple')

参考組み込み型タプル

リストとは?

リストはタプルと違い追加・削除・変更ができる、配列型のデータになります。

使用方法は、[データ1,データ2,.........]になります。

タプルとは違いリスト型は添え字でデータにアクセスできます。

以下が実行例になります。

listnum1=['apple']
print(listnum1)

listnum2=[1]
print(listnum2)

listnum3=[1.5]
print(listnum3)

listnum4=['apple','orange']
print(listnum4)

#リストの追加
listnum4.append('banana')
print(listnum4)

#リストの削除
listnum4.remove('apple')
print(listnum4)


#新しくリストを作り追加
listnum5=['apple','orange']
print('listnum5 is',listnum5)

listnum6=listnum5+['banana']
print('listnum6 is',listnum6)

#スライスを使い部分的に取り出す
listnum7=[1,2,3,4,5]

print('listnum7 is',listnum7)

listnum8=listnum7[2:4]

print('listnum8 is',listnum8)

listnum9=listnum7[2:]

print('listnum9 is',listnum9)

listnum10=listnum7[:4]
print('listnum10 is',listnum10)

以下が実行結果になります。

>>> listnum1=['apple']
>>> print(listnum1)
['apple']
>>>
>>> listnum2=[1]
>>> print(listnum2)
[1]
>>>
>>> listnum3=[1.5]
>>> print(listnum3)
[1.5]
>>>
>>> listnum4=['apple','orange']
>>> print(listnum4)
['apple', 'orange']
>>>
>>> #リストの追加
... listnum4.append('banana')
>>> print(listnum4)
['apple', 'orange', 'banana']
>>>
>>> #リストの削除
... listnum4.remove('apple')
>>> print(listnum4)
['orange', 'banana']
>>>
>>>
>>> #新しくリストを作り追加
... listnum5=['apple','orange']
>>> print('listnum5 is',listnum5)
listnum5 is ['apple', 'orange']
>>>
>>> listnum6=listnum5+['banana']
>>> print('listnum6 is',listnum6)
listnum6 is ['apple', 'orange', 'banana']
>>>
>>> #スライスを使い部分的に取り出す
... listnum7=[1,2,3,4,5]
>>>
>>> print('listnum7 is',listnum7)
listnum7 is [1, 2, 3, 4, 5]
>>>
>>> listnum8=listnum7[2:4]
>>>
>>> print('listnum8 is',listnum8)
listnum8 is [3, 4]
>>>
>>> listnum9=listnum7[2:]
>>>
>>> print('listnum9 is',listnum9)
listnum9 is [3, 4, 5]
>>>
>>> listnum10=listnum7[:4]
>>> print('listnum10 is',listnum10)
listnum10 is [1, 2, 3, 4]

参考データ構造

辞書型データとは?

辞書は前のタプルやリストと違い特別なものです。

キーをデータに対応するのでよりユーザーに分かりやすくデータにアクセスすることができます。

使用方法は、{"key1":データ1,"key2":データ2,"key3":データ3,....} になります。

以下が実行結果です。

mydict1={"fruit":"apple"}
print(mydict1)

mydict2={"number":1}
print(mydict2)

mydict3={"fruit":"apple","number":1}
print(mydict3)

以下がサンプルになります。

mydict1={"fruit":"apple"}
print(mydict1)

mydict2={"number":1}
print(mydict2)

mydict3={"fruit":"apple","number":1}
print(mydict3)

参考辞書オブジェクト型

タプル、リスト、辞書型データの違い

タプル型のデータは後からデータの変更はできません。

そしてリスト・辞書型データよりも高速にアクセスすることができます。

 

リスト型は添え字でアクセスできる配列型データになります。

キー管理の必要がないがデータかつ追加・削除・修正が必要ものはリスト型を使うべきです。

 

辞書型データはキーと値で管理する配列型データになります。

キーでデータを管理することができるためユーザーに分かりやすくデータアクセスできます。

関連記事

-Python

Copyright© shimidai2100 , 2020 All Rights Reserved.