Python

[Python] 文字列を置換方法。replace、re.sub、translateの使用方法を解説

Pythonの文字列置換方法について解説したいと思います。

一般的なreplaceメソッドから正規表現で文字列するre.subメソッドのやり方を解説します。


replaceメソッド使用した置換方法

Pythonでは文字列を置換するのに最も一般的な方法は、replaceメソッドになります。

使用方法は 文字列.replace(置換対象,置換先,置換回数) になります。

サンプルは以下のようになります。

出力結果は以下になります。

I like banana

 

また置換する回数を指定することもできます。

以下がサンプルになります。

出力結果は以下になります。

I like banana, banana and apple

参考組み込み型replace

正規表現re.subを使って置換

正規表現操作用のreライブラリを利用した文字列置換も可能です。

re.sub(正規表現, 置換先文字列, 文字列 , 置換回数) で利用できます。

実行結果は以下になります。

I like banana

 

もちろん置換回数を指定することもできます。

実行結果は以下になります。

I like banana, banana and apple

参考正規表現操作re.sub

補足:translateを使った”文字”置換

文字列置換ではありませんが、文字の置換に便利なのがtranslateメソッドになります。

maketransメソッドとの合わせ技になり、覚えておくと便利です。

以下がサンプルになります。

以下が実行結果になります。

I like Apple

参考組み込み型translate

参考組み込み型maketrans

関連記事

-Python

Copyright© shimidai2100 , 2020 All Rights Reserved.