Python

[Python] 「四捨五入」、「切り捨て」、「切り上げ」の方法

2018年6月15日

こんにちは!土門大貴(daikidomon)です。

Pythonで「四捨五入」、「切り捨て」、「切り上げ」をする方法を紹介します。

四捨五入組み込み関数できるが、切り捨て切り上げmathライブラリを使用するので違いに注意です。

四捨五入:round()

四捨五入するには「round関数」を使用します。

使用方法は「round(数値, 有効桁数)」となります。

有効桁数を指定しないと小数点以下で四捨五入します。

↓がサンプルコードになります。

if __name__ == '__main__':
    value = 99.563
    roundValue = round(value)
    print('Round = ' + str(roundValue))

第2引数を指定していないので、3行目で数値型の小数点第1で四捨五入しています。

結果は↓になります。

Round = 99.6

第2引数を指定した場合のサンプルは↓になります。

if __name__ == '__main__':
    value = 99.563
    roundValue = round(value, 2)
    print('Round = ' + str(roundValue))

結果は↓になります。

Round = 99.56

切り捨て:math.floor()

切り捨ては「math」ライブラリの「floor」メソッドを使用します。

floor」はを意味していますので覚えておきましょう。

↓がサンプルコードになります。

import math

value = 99.563
floorValue = math.floor(value)
print('Floor = ' + str(floorValue))

結果は↓になります。

Floor = 99

特定の桁数で切り捨てするには、ユーザー定義関数を作成する必要があるので注意してください。

切り上げ:math.ceil()

切り上げは「math」ライブラリの「ceil」メソッドを使用します。

ceil」は天井を意味していますので覚えておきましょう。

↓がサンプルコードになります。

import math

value = 99.563
ceilValue = math.ceil(value)
print('Ceil = ' + str(ceilValue))

結果は↓になります。

Ceil = 100

特定の桁数で切り上げするには、ユーザー定義関数を作成する必要があるので注意してください。

関連記事

-Python

Copyright© スタートアップIT企業社長のブログ , 2020 All Rights Reserved.