Python プログラミング

[Python] Requestsライブラリのインストールと使い方。これさえ読めばRequestsライブラリが使えるようになります。

2018年11月5日

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

HTTP通信を行う時に大変便利なのが、「Requests」ライブラリです。

「Requests」を使えばPython標準で利用できる「urllib」よりもシンプルにコーディングできます。

  • Webスクレイピング
  • ファイルのダウンロード
  • Amazon、楽天、Baseなどの各種APIとのHTTP通信

など、HTTP通信でやることをほぼ全て行うことができます。


Requestsのインストール

pipでRequestsライブラリはインストールすることができます。

pip install requests

Requestsの使い方

Requestsの基本的の使い方各種メソッドレスポンスオブジェクトを紹介します。

基本的な使い方

基本的な使い方はrequestライブラリでURLを引数に渡して、各HTTPメソッドを実行します。

import requests

url = "<ここにURL>"

response = requests.get(url)

print(response)

以下が実行結果になります。

>>> import requests
>>> url = "https://www.google.co.jp/"
>>> response = requests.get(url)
>>> print(response)
<Response [200]>

利用できるHTTPメソッド

各種HTTPメソッドはRequestsライブラリに容易されているのでリクエスト通信を行うことができます。

[table id=70 /]

以下が利用方法例になります。

import requests

url = "https://www.google.co.jp/"

get_response = requests.get(url)

post_response = requests.post(url)

put_response = requests.put(url)

delete_response = requests.delete(url)

head_response = requests.head(url)

レスポンスオブジェクト

Requestsライブラリの戻り値はレスポンスオブジェクトと呼び、このオブジェクト内に様々な情報が格納されています。

[table id=71 /]

以下が利用方法例になります。

import requests

url = "https://www.google.co.jp/"

response = requests.get(url)

print(response.url)

print(response.status_code)

print(response.headers)

print(response.text)

print(response.content)

パラメータを渡す

URLのパラメータをparams引数にディクショナリ型で渡すことができます。

import requests

url = "https://www.amazon.co.jp/s/"

params = {"field-keywords": "python"}

response = requests.get(url, params=params)

リクエストヘッダーを渡す

URLのリクエストヘッダーをheaders引数にディクショナリ型で渡すことができます。

import requests

url = "https://google.co.jp/s/"

headers = {"User-Agent": "Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.77 Safari/537.36"}

response = requests.get(url, headers=headers)

print(response.headers)

 

関連記事

-Python, プログラミング

Copyright© shimidai2100 , 2020 All Rights Reserved.