Python

[Python] print関数で文字列を出力。改行コードやendオプション、三連引用符、変数表示について解説

Python使用時の文字列表示方法について解説したいと思います。


print関数を基本的な文字列出力

Pythonではprint関数を使用して文字列を出力します。

サンプルは以下のようになります。

出力結果は以下になります。

Hello World

 

print関数では自動的に改行コードが挿入されます。

出力結果は以下になります。

Hello
World

改行しないで出力する。endオプションと三連引用符を利用

print関数で改行したくない場合は、print関数にendオプションを指定します。

endオプションに終端文字を指定します。終端文字をなしにすることで改行しないで出力できます。

サンプルは以下のようになります。

実行結果は以下になります。

HelloWorld

 

終端文字に半角スペースにすることで以下のように出力することもできます。

実行結果は以下になります。

Hello World

print関数に改行コードをいれる。

改行コード"\n"を入れることも可能です。

実行結果は以下になります。

Hello
World

Windowsでは改行コードは”\r\n”になるため注意してください。

 

もう一つの方法と三連引用符を使った方法があります。

実行結果は以下になります。

Hello World

変数を文字列として出力

変数に格納された値を文字列として出力することもできます。

サンプルは以下になります。

実行結果は以下になります。

 

以下文字列型とINT型には注意が必要です。データ型のチェック方法も記載しておきます。

以下が実行結果になります。

<class 'str'>
110
<class 'int'>

文字列データ<class 'str'> と表示され、Integer型は<class 'int'>と表示されます。

関連記事

-Python

Copyright© shimidai2100 , 2020 All Rights Reserved.