Python

[Python] print関数でformatメソッドの利用方法やメリットを紹介

print関数ではPython 3.x系からformatメソッドが追加されました。

formatメソッドの方が一般的な書き方なので、記法をマスターしていただけばと思います。

formatメソッドの基本記法

formatメソッドの基本記法は以下になります。
文字列.format(変数または文字列)
以下がサンプルになります。
a='banana'
print('I like {}'.format(a))
実行結果は以下になります。

I like banana

 

もちろん文字列を直接渡すことの可能です。
print('I Like {}'.format('banana'))
実行結果は以下になります。

I like banana

インデックス指定しての記法

インデックス(添え字)を指定した記述も使用することが可能です。
print('I like {0},{2} and {1}'.format('apple','banana','orange'))

実行結果は以下になります。

I like apple,orange and banana

キーと指定したの記法

辞書型と同様にキーを指定して出力位置を指定することが出来ます。
print('I like {a},{c},{b}'.format(a='apple',b='banana',c='orange'))
サンプルは以下になります。

I like apple,orange and banana

formatを利用するためのメリット

formatメソッドの利用方法やメリットはずばりより「Pythonic」ということです。

「Pythonic」とは、pythonらしくシンプルで誰でも読みやすいコードということを意味します。

またformatメソッドを使用すると表記も統一されているため、覚えることはずっと少なくて済みます。

print関数を文字列の出力する時はformat()メソッドを使用することをオススメします。

関連記事

-Python

Copyright© スタートアップIT企業社長のブログ , 2020 All Rights Reserved.