UbuntuでPythonをインストール・alternatives・仮想環境する手順

本記事ではUbuntu 20.04 にPython3.9をインストールする手順を紹介します。

Ubuntu 20.04 にはデフォルトで3.8系が入っていることが多いのでアップデートupdate-alternatives仮想環境作成も合わせて記事化したいと思います。

目次

Pythonをインストールする

まずはpython3.9をインストールしていきます。

apt-get upgrade
apt-get install python3.9

リポジトリのアップデート後にpython3.9をインストールする点は注意ください。

pythonコマンドでpython3ができるようにライブラリもインストールしていきます。

apt install python-is-python3

詳しい解説は以下の記事にあります。

あわせて読みたい
python-is-python3が出た時の対処方法。pythonコマンドでpython3を実行する方法 Ubuntuでpython3がインストールされている環境でpythonコマンドを実行すると以下のメッセージが発生します。。 $ python Command 'python' not found, did you ...

alternativeの設定

pythonやjavaなど、1つのOSに複数バージョン言語をインストールすることは少なくありません。

今回のpython3.8が既にインストールされているOSにpython3.9系をインストールします。

update-alternativesで使用するpythonバージョンを分けると便利なので設定しておきます。

update-alternatives --install /usr/bin/python python /usr/bin/python3.8 1
update-alternatives --install /usr/bin/python python /usr/bin/python3.9 2

update-alternativesで設定されているか確認します。

update-alternatives --config python

以下のようにpython3.9を設定します。

# update-alternatives --config python
There are 2 choices for the alternative python (providing /usr/bin/python).

  Selection    Path                Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/bin/python3.9   2         auto mode
  1            /usr/bin/python3.8   1         manual mode
  2            /usr/bin/python3.9   2         manual mode

Press <enter> to keep the current choice[*], or type selection number: 0

pythonのバージョンを確認してみましょう。3.9.5になっていることが確認できます。

# python --version
Python 3.9.5

仮想環境のためにvenvをインストールする

python3系のvenvをインストールします。

apt-get install python3-venv

これでインストールは環境しました。

仮想環境を作成してpythonを始める

基本的にpythonを使う時は仮想環境を用意して、その仮想環境上にさまざまなライブラリをインストールすることをお勧めします。

なので仮想環境を作成していきたいと思います。

mkdir project
cd project
python -m venv venv

次に仮想環境をActivateしていきます。

source venv/bin/activate

以下のようになれば(venv) がコンソールに表示されればOKです。

(venv) root@xxxxxxxxxx:~/project#

念の為、deactivateの方法も記載しておきます。

そのままdeactivateコマンドを実行すればOKです。

deactivate
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる