Python プログラミング

Pythonの実行方法”インタプリタ"、”スクリプト”、”コンパイル”を紹介。

投稿日:2018年6月23日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

Pythonには大きく分けて、「インタプリタ」、「スクリプト」、「コンパイル」の3つの実行方法があります。

それぞれの特徴どんな時に利用するか紹介したいと思います。


インタプリタ実行

まずはインタプリタの実行方法です。

これは非常に簡単でpythonを起動して、コマンドを逐次解釈させてプログラムを動かします。

下がインタプリタの「Hello World」です。

6行目でprint()関数を呼び出し、7行目で直ぐに実行結果が返ってきています。

スクリプト実行

スクリプト実行とは、テキストファイルにPythonのコードを書きpythonに読み込ませて実行させます。

下が「Hello World」のスクリプトです。

1行目の「!/usr/bin/python」で何のバイナリで実行するか指定し、

2行目の「 -*- coding: utf-8 -*-」で文字コードを指定します。

下が実行結果です。

1行目の実行はpythonにスクリプトファイルを読み込ませて実行します。

実行権限があれば、5行目のようにShellのように実行することも可能です

コンパイル実行

Pythonのコンパイルは「バイトコンパイル」のことを指します。

バイトコンパイルを行うと、pythonファイルが機械語で翻訳されるため実行速度が速くなるケースがあります。

下がバイトコンパイル時の基本構文になります。

コンパイルすると「__pycace__」ディレクトリに「.pyc」ファイルが作成されています。

実際にコンパイルするサンプルコードになります。

下がコンパイルとファイルの実行結果です。

その他、Windows環境の実行ファイル「.exeMac環境の実行ファイル「.appに変換させることもできます。

実行ファイル形式に変更しておくことで、pythonが入っていない環境でもpythonのプログラムを動かせます。

スポンサードリンク

関連記事

-Python, プログラミング

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.