Python プログラミング

[Python] ディクショナリ(辞書)でKey・Valueの使い方。アクセス・変更・追加・削除方法は?

投稿日:2018年8月31日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

Pythonでディクショナリ(Dictionary:辞書)を扱う方法を紹介します。

Dictionary(辞書)とはKey(キー)Value(値)を使うデータ要素になります。

Keyでデータにアクセス出来るので、意味を持たせ、分かりやすいコーディングができます。

ループ処理を扱う場合には以下の記事を参考にしてみてください。

[Python] ディクショナリ(辞書)でKey・Valueの使い方。アクセス・変更・追加・削除方法は?

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。 Pythonでディクショナリ(Dictionary:辞書)を扱う方法を紹介します。 Dictionary(辞書)とはKey(キー)とValue ...

続きを見る


ディクショナリの宣言方法

ディクショナリは{}波括弧を使用して宣言することができます。

カンマ区切りで複数の要素をディクショナリに格納します。

以下、ディクショナリの宣言のサンプルです。

ディクショナリの要素へアクセス

ディクショナリの要素へのアクセスは、Key(キー)を使用します。

以下、ディクショナリの要素へアクセスするサンプルです。

ディクショナリへ要素の追加

ディクショナリへ要素を追加するためには、Key(キー)とValue(値)を代入します。

以下、ディクショナリへ要素の追加するサンプルです。

ディクショナリへ要素の変更

ディクショナリへ要素を変更するためには、Key(キー)を指定すれば簡単にValue(値)を変更できます。

以下、ディクショナリへ要素の変更するサンプルです。

もちろんNone(Nullオブジェクト)への変更もできます。

ディクショナリの要素を削除

ディクショナリへ要素を削除する方法を複数あります。

ディクショナリの特定の要素を削除

ディクショナリの特定の要素を削除する場合は「del」を使用します。

以下、ディクショナリの特定の要素の削除するサンプルです。

ディクショナリの要素を取り出した後に削除

ディクショナリの特定の要素を取り出した後に削除する場合は「pop()」メソッドを使用します。

以下、ディクショナリの特定の要素の削除するサンプルです。

8行目のように表示されてから削除される点に注意してください。

ディクショナリの要素をすべて削除

ディクショナリのすべての要素を削除する場合は「clear()」メソッドを使用します。

以下、ディクショナリの特定の要素の削除するサンプルです。

ディクショナリ内の要素が削除されます。ディクショナリ自体は削除されません。

スポンサードリンク

関連記事

-Python, プログラミング

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.