旅行

大阪国際空港(伊丹空港)がリニューアル。空港へのアクセス、ラウンジ、お土産、レストランはどうなった?

投稿日:2018年6月11日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

大阪国際空港(伊丹空港)がリニューアルしたとのことで言ってきました。

関西の新しい海外窓口として2018年4月18日にリニューアルしましたので、そのレポート記事になります。


大阪国際空港がリニューアル

大阪国際空港(ITAMI)では、約50年ぶりとなる大規模改修を行っていました。

「もっと快適に、もっとワクワクする空港になるために。」とのことです。

2020年の全面改修に先駆け、2018年4月18日(水)のみ中央エリアがリニューアルオープンしておりました。

特に驚いたのが全面バリアフリー化がされており、段差が困難な人でも快適に利用できる配慮がされていた点です。

小さなベビーカーを押しながらでも快適に空港内を楽しむことが出来ます。

大阪国際空港へのアクセス方法

大阪国際空港(伊丹空港)へのアクセス方法を紹介します。

電車でのアクセス

電車はモノレールの直通があり、そちらを利用しましょう。

電車でのアクセスがとても便利でオススメです。

駅から直結で空港内に入ることが出来るので雨の日でも濡れることなく安心して空港内に入ることが出来ます。

車でのアクセスと駐車場

車でのアクセスは「阪神高速道路」と「中国自動車道」があります。

ともに高速道路から降りて5分圏内に空港があります。

↓が高速道路から空港内に入る際のアクセスマップになります。

また「送迎スペース」も完備しているので、送り迎えの時には場所の指定ができて便利です。

大阪国際空港のオススメスポット

ここからは大阪国際空港(伊丹空港)のより楽しめるレジャースポットを紹介します。

大規模な展望デッキ「ラ・ソーラ」

展望デッキは「北はANA系」、「南はJAL系」の飛行機の離着陸を観ることができます。

夜はライトアップされ、雰囲気も最高とのことです。

この日はあいにくの曇り空の日曜日ですが、結構人がいました。

飛行機もこんなにまじかで見ることができるので飛行機好きのお子様がいる人には大変オススメのスポットになります。

お子様連向けの「ボーネルンドあそびのせかい」・「ACTUS」がオススメ

展望デッキエリアには「ボーネルンドあそびのせかい」と「ACTUS」があります。

ボーネルンドあそびのせかい」は親子で全身を使って遊べる「キドキド」と、世界中から厳選したあそび道具を試しながら選べる「ボーネルンドショップ」が合体したお店です。

キドキドは親子で”こころ・頭・からだ”のすべてを使ってのびのび遊べる場です。

天候に左右されない遊べる室内には、赤ちゃんが安心して遊べるエリアや表現あそびゾーンなど多彩なあそびが充実しています。

キドキド初の屋外あそびゾーンでは、ダイナミックな遊具で全身を使って遊べます。

「ACTUS」は、北欧、イタリアを中心としたヨーロッパ各国並びに、アジア、そして日本各地で生産、またはセレクトした衣食住にまつわる製品を、

独自のノウハウで編集し「丁寧な暮らし」をお届けするライフスタイルストアになります。

おしゃれな家具が多数あって家族で行ってほしい場所です。

大阪国際空港のカードラウンジ「Lounge Osaka」

大阪国際空港(伊丹空港)には「Lounge Osaka」というカードラウンジがあります。

今回はゴールドカードを持っていかなかったのでは入ることはできず。。。

またの機会に追記したいと思います。

大阪国際空港のレストラン

レストランは「ノースショア カフェ&ダイニング」や「ペッパーミル」が込んでいましたので人気なのでしょう。

今度行った際にレポートしたいと思います。

大阪国際空港のお土産ショップ

蓬莱 511

なんといってもオススメは「蓬莱 511」です。

ただし、かなり込んでいるので空港でお土産を買うときは早めに買うことをオススメします。

大阪国際空港のレストラン

大阪と言ったら「たこ焼き」や「お好み焼」などの粉ものです。

たこ家 道頓堀くくる

全国に展開している「たこ家 道頓堀くくる」です。

下は通常のたこ焼きです。

下が焼きそばです。

たこ焼き8個入と焼きそばセット1,400円で通常よりお安くなっています。

明石焼きもたまごが効いていてフワフワでたこ焼きと違う味が楽しめます。

 

スポンサードリンク

関連記事

-旅行

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.