Database OracleDB インフラ

[Oracle] 個別プラガブルデータベース(pdb)をRMANでバックアップ

投稿日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

個別プラガブルデータベースのバックアップをRMANでバックアップする方法を紹介します。

この方法を使えば「No Archive Mode 」でも、コンテナデータベースを止めることなくプラガブルデータベースのバックアップを取得することができます。

手順は簡単でプラガブルデータベースをcloseした後にバックアップを行います。


プラガブルデータベースのバックアップ

RMANで対象のPDBにログインします。

次にPDBをmoundedモードに変更します。

RMANでバックアップを取得します。

最後はPDBをopenさせます。こ

以下が実行ログになります。今回はバックアップセットで取得します。

[oracle@test-server ]$ rman target sys/password@pdb01

Recovery Manager: Release 12.2.0.1.0 - Production on Fri Oct 26 11:50:57 2018

Copyright (c) 1982, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

connected to target database: CDB01:PDB01 (DBID=2752839962)

RMAN> select NAME, OPEN_MODE from V$CONTAINERS;

NAME
--------------------------------------------------------------------------------
OPEN_MODE
----------

PDB01
READ WRITE

RMAN> alter pluggable database pdb01 close immediate ;

Statement processed

RMAN> select NAME, OPEN_MODE from V$CONTAINERS;

NAME
--------------------------------------------------------------------------------
OPEN_MODE
----------

PDB01
MOUNTED

RMAN> backup database;

Starting backup at 26-OCT-18
allocated channel: ORA_DISK_1
channel ORA_DISK_1: SID=9 device type=DISK
channel ORA_DISK_1: starting full datafile backup set
channel ORA_DISK_1: specifying datafile(s) in backup selec
~一部省略~
channel ORA_DISK_1: backup set complete, elapsed time: 00:01:24
Finished backup at 26-OCT-18

RMAN> alter pluggable database pdb01 open;

Statement processed

RMAN> select NAME, OPEN_MODE from V$CONTAINERS;

NAME
--------------------------------------------------------------------------------
OPEN_MODE
----------

PDB01
READ WRITE

RMAN>

 

スポンサードリンク

関連記事

-Database, OracleDB, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.