Database OracleDB インフラ

最新OPatchのダウンロードとインストール

投稿日:2017年9月24日 更新日:

OracleDBの最新パッチを適用する時にOPatchが最新化されている必要がある。

今回はOPatchのダウンロードとインストール方法を紹介します。


OPatchのダウンロード

まずは「My Oracle Support」へアクセス。

下の画面の赤枠を押してサインインしよう。

ユーザ名とパスワードを入力しサインイン。

赤枠のように「1684682.1」と入力しよう。

「OPatch - OPatch(6880880) の最新バージョンはどこにありますか?」が出てくる。

少し下にスクロールして、OPATCH PLACEHOLDER Patch 6880880 を選択しよう

リリースとプラットフォームを選択しよう。現在の最新は12.2.0.1だ。

OPatchはDBのバージョンと同じものを選択すること。

要はOracleDB 11gの場合はOPatchも11.x.x.xとなっているものを選ぼう。

選択後にダウンロード!

ダウンロードボタンを押すと以下の画面が出てくるので、「p6880880~.zip」をダウンロード。

※各バージョン・プラットフォームでファイル名が違います。

OPatchのインストール

パッチのインストールといっても実はメディアの置き換えだけです笑

↓が実行ログ

 

 

スポンサードリンク

関連記事

-Database, OracleDB, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.