初心者でも使いやすいminipopのレンタルサーバーのメリット・デメリットを徹底調査!

月額250円〜という価格でアダルトサイトの運営も可能なminipop。WordPressがたった60秒で導入可能・99.9%もの高い稼働率などの特徴の他に、初心者向けの機能が豊富に搭載されています。

また、アメリカに本社を置く株式会社トーマスオブアメリカの運営なので、アメリカのサーバーを使用することもできるのです。

minipopはアダルトサイトが運営可能なレンタルサーバー・初心者向けのレンタルサーバーを探している方に、最適なレンタルサーバーだと言えるでしょう。

おすすめな理由①

WordPressが月額250円で利用できる国内最安レンタルサーバー

minipopは月額250円でWordPressも利用可能な国内最安のレンタルサーバーです。

もちろんWordPressを使用するための費用は一切かかりません。

特にアダルトサイトが利用可能なレンタルサーバーは高額な費用が必要なことが多いので、アダルトサイトの運営を希望しているのなら、特におすすめだと言えるでしょう。

おすすめな理由②

WordPressを60秒で構築完了

初めてサイトを構築する方も・そうでない方にとってもサイトの初期設定には多くの時間がかかってしまうものですが、minipopではサイト作成時の労力を最小限に抑えるため、WordPressがたった60秒で構築できるようになっています。

さらにWordPressのテンプレートを使えば、レベルの高いデザインのサイトがすぐに作れるでしょう。

おすすめな理由③

安心の稼働率とバックアップで初心者も安心

優秀で経験豊富なエンジニアがオペレーションセンターに常駐しているminipopでは、サーバーとネットワークが常に監視されており、99.99%もの高い稼働率を維持しています。

また、利用者のデータを毎日自動的にバックアップしているため、万が一データの紛失があった際にも迅速に問題を改善できるのです。

\国内最安値の月額250円+10日間お試し中/

目次

minipopのレンタルサーバーのプランについて

minipopに用意されているプランはミニプラン・ビックプランの2種類です。

ここでは、それぞれの機能や費用についてまとめました。

minipopのプラン別の機能

ミニビック
SSD容量50GB100GB
データ転送量課金なし課金なし
POP3/IMAP
Webメールアカウント数
50無制限
23ヶ国語対応
コントロールパネル
メールアドレス数無制限無制限
FTPアカウント数12
独自ドメイン
サブドメイン100無制限
商用利用/法人契約
自動バックアップ
WAF
自動インストール機能

minipopのプラン別の価格

ミニビック
月額費用250円500円
初期費用1,500円1,500円

minipopは月額250円〜の格安サーバ!

・月額250円〜のコスパに優れたレンタルサーバー
・WordPressが60秒で構築可能
・毎日の自動バックアップで万が一の時にも安心
・アダルトサイトも運用できる

\国内最安値の月額250円+10日間お試し中/

よくある質問

サポート電話ですか?メールですか?またサポート時間帯はいつでしょうか?

minipopではメールで技術サポートを行なっています。(土日祝日の対応は緊急時のみ)

データ転送量はどれくらいでしょうか?

月間データ転送量はミニプラン100GB・ビックプラン200GBとなります。

SSLは利用できますでしょうか?他社購入のSSLは使用できますか?

minipopでは無制限無料SSLを提供しています。

メールは使用できますか?またメーリングリストは作成できますか?

メールボックス1あたり2GBの容量を用意しています。メーリングリストを複数作成することも可能で追加料金はかかりません。

アダルト利用は可能ですか?

日本サーバー・アメリカサーバーの両方で、法律に抵触しない限りは可能です。

\国内最安値の月額250円+10日間お試し中/

minipopのメリットとデメリット

次にminipopの代表的なメリットとデメリットをまとめました。

メリット①:月額250円でWordPressが利用できるのは国内最安

より低価格のレンタルサーバーは存在しますが、WordPressが利用可能なレンタルサーバーとして月額250円〜という価格帯は国内最安になります。

初心者でも簡単にレベルの高いデザインのサイトが作れる・上級者ならこだわりのサイトが構築できることから、多くのユーザーがWordPressを使用しているのです。

メリット②:追加費用なしでWAF、PostgreSQL、Ruby on Railsなどを使える

minipopは低価格でありながら、無料で使用可能な希望が多いという特徴もあります。

外部からのサイトへの攻撃を防ぐWAFや、オープンソースのレーショなるデータベース管理システムであるPostgreSQL、優れたフレームワークが構築可能なRuby on Railsなどが追加費用なしで利用可能なのです。

メリット③:アダルト利用可能

アダルトサイトの運営が可能なレンタルサーバーは費用が高額になる傾向がありますが、minipopは先ほどもお伝えしたように月額250円という価格帯です。

アダルトサイトの運営も手頃な価格で実現可能だと言えるでしょう。

デメリット①:契約は最低1年以上

minipopのデメリットには契約期間が最低1年以上になるという点があります。

ただし、10日間のお試し期間が設けられているので、じっくり使い心地を確認した上で契約を検討できるでしょう。

デメリット②:データ転送量は100GBと少ない

minipopで使用可能な月間データ転送量はミニプランでは100GBとなり、動画配信や画像データの多いサイトでは不足を感じる方もいるでしょう。

ビックプランは200GBまでデータ転送量が増えるため、プラン選択時は自分が利用する予定のデータ転送量を考えてみてください。

予定するデータ転送量が分からないという方はビックプランを選択しておけば安心です。

デメリット③:ビックプラン以上のプランが用意されていない

minipopのプランは非常にシンプルで、ミニプラン・ビックプランの2種類です。それ以上のハイグレードプランが用意されていないことから、月間100万PV以上あるサイトの運用は難しいと言えるでしょう。

2回目以降のお申し込みで72%OFF!

minipopの口コミ・評判

高性能でありながら値段はリーズナブルなところがメリットです。SEO対策にも優れて対策にも優れていて、商品をプロモートするツールとしても活用できます。
日本では知名度があまり高くないけれど、便利でおすすめですね。(企業用ブログ・20代・女性)

格安のレンタルサーバーですが、月額が250円のプランでも十分な容量がありました。
ホームページやブログなど表示しやすく、今までのサイトのようにアクセスしにくいこともなくて良かったです。
最初にトライアル期間があり、事前に使い心地を確かめられました。
快適に使いやすいサーバーを発見できたと思っています。(個人ブログ・40代・男性)

minipopを利用していて良いと感じている点は、1ヶ月のデータ転送量が一定の基準を上回ったとしても追加の費用が加算されないところです。
その他のレンタルサーバーだと追加費用がかかることが多いので、余分なコストが発生する心配がなくなりました。(個人ブログ・30代・男性)

毎日使うとしたらコスパはそこまで良くないかもしれません。他にももっと安いサービスがあります。
データベースが一つしか作成できないので、使い方によっては不便を感じると思います。(企業HP・20代・女性)

最低契約期間が1年間もあり、初期費用も高いので月額費用だけで判断すると大きな出費になります。
また、他社に比べて知名度が低いため情報が少ないことから、事前にある程度の予備知識が必要だと感じました。(個人ブログ・30代・男性)

ミニプランは安くて使い勝手は良いですが、転送量が増えすぎるとサーバーがダウンする可能性があると考えています。
ビックプランにしようか迷っているので、転送量をしっかり確認してから申し込みした方が良いです。(アダルトサイト・30代・男性)

まとめ

minipopはアダルトサイトに利用可能なコスパの良いレンタルサーバーです。

WordPressが導入可能なレンタルサーバーとしては国内最安であり、99.9%の高い稼働率や毎日の自動バックアップなど、低価格とは思えないサービスが充実しています。

利用期間は1年以上という縛りがあるものの、10日間の使用期間を活用して使い心地をしっかり確認してみると良いでしょう!

本当におすすめな人はこんな人

・アダルトサイトの運営を考えている方
・手頃な価格で高機能のレンタルサーバーを探している方
・WordPressを使ってサイトを作る予定の方
・とにかく安いレンタルサーバーを使いたい方

\国内最安値の月額250円+10日間お試し中/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる