手頃な価格で使いやすい!ロリポップの特徴・評判とメリットデメリットまとめ!

ロリポップは手頃な価格設定がされており、サイト運用初心者でも使いやすい操作性・手厚いサポートで知られているレンタルサーバーです。

WordPressが利用可能なプランが月額220円〜使えるということで「手頃な費用で、とりあえず初めてみたい」という方にもおすすめでしょう。

この記事ではロリポップのレンタルサーバーに用意されている料金プランやメリット・デメリットと実際に利用している方の口コミについてまとめました。ロリポップのレンタルサーバーの利用を検討しているのなら、ぜひ参考にしてください。

おすすめな理由①

初心者でも導入・運用がしやすくなっているため特別な知識がなくてもサイトが作れる!

ロリポップにはWordPressを簡単にインストール可能な機能が用意されていることから、ユーザー専用ページでインストール先・WordPressの設定を行うだけですぐにWordPressが利用可能になります。

設定の流れは画像付きで丁寧な説明が用意されているため、初心者の方でも簡単にサイトが開設できるでしょう。

本来サイトの構築には何時間・何日間もかかってしまうものですが、ロリポップであればサイトを開設するために多くの時間や労力を消費せずに済むのです。

おすすめな理由②

ドメイン使用料が無料でコスパ良くサイトを運営できる

ロリポップではレンタルサーバーとは別に、ドメインレンタルサービスとして「ムームードメイン」の運用も行なっています。

そのムームードメイン対象のドメインは、ロリポップのレンタルサーバーのライトプラン以上のプランを12ヶ月以上自動更新契約すると、契約期間中ずっと無料で使用できるのです。

レンタルサーバーの費用とは別にドメイン使用料が発生しないため、必要経費を抑えてサイトが運営可能でしょう。

おすすめな理由③

電話サポートがあるので質問や疑問をすぐに解決可能!初心者も使いやすい!

ロリポップには豊富なオンラインマニュアルが用意されていますが、その他にも次のようなサポートがあります。

メール:24時間(通常48時間以内の返信)
チャット:平日・土日9:30〜13:00/14:00〜17:30
電話:平日10:00〜18:00

電話サポートはスタンダードプラン以上からの利用ですが、その他のレンタルサーバーではチャットのみ・メールのみのサポートが多い中、手厚いサポート体制が用意されていると言えるでしょう。

電話サポートを利用すれば、急ぎの質問や疑問に対してすぐに正しい答えが受け取れます。

\ハイスピードプランは初期費用無料! /

目次

商品情報(プラン・サーバー情報・料金)

ロリポップには5種類のプランが用意されており、契約期間ごとに費用が変わります。契約期間は最短1ヶ月・最長36ヶ月であり、長期契約ほど月額費用が安くなる設定です。

スペック

プラン名エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
容量100GB200GB300GB400GB1.2TB
ファイル容量70GB160GB250GB350GB1TB
ストレージSSDSSDSSDSSDSSD
WebサーバーApacheApacheApacheLiteSpeedLiteSpeed
転送量無制限無制限無制限無制限無制限
ドメインずっと無料対象対象対象対象
独自ドメイン50100200無制限無制限
Word Press
電話サポート
自動バックアップ無料
(復元は有料)
無料
(復元は有料)
海外アタックガード

プランによって使用可能な機能が変わるため、プラン選びは慎重に行う必要があるでしょう。

料金

プラン名エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
初期費用1,650円1,650円1,650円0円3,300円
1ヶ月契約時の月額132円440円880円1,320円2,530円
3ヶ月契約時の月額132円418円770円1,210円2,530円
6ヶ月契約時の月額132円385円715円990円2,200円
12ヶ月契約時の月額132円330円660円825円2,200円
24ヶ月契約時の月額132円275円550円770円2,200円
36ヶ月契約時の月額99円220円440円550円2,200円

試用期間は全プランで10日間用意されています。

WordPressが利用可能なライトプラン以上がおすすめ!

ロリポップには先ほど紹介した5種類のプランがありますが、実用性を考えるとWordPressが利用可能な月額220円〜のライトプラン以上の利用を考えるべきでしょう。

特におすすめのハイスピードプランでは月額550円〜という値段で、業界最高スペックの高速安定したサイト運用が叶います。

ロリポップの初期費用はハイスピードプランなら無料!

ロリポップはハイスピードプランのみ初期費用の設定がありません。

ハイスピードプランはその名前通り、超高速・高い安定性を備えたプランであり、サイト閲覧者はもちろんWordPressが快適に使用可能であることから、運用者にとってもストレスのない作業環境が整えられるでしょう。

こちらのプランは以前まで月額1,100円・初期費用3,300円だったものの、価格の見直しが行われました。

コスパ最強!200万サイト以上の開設実績があるロリポップ!

・初心者でも簡単にWordPressがインストールできる機能が用意されており、サイト構築を最小限の労力で行える
・ドメイン使用料が無料なプランを選択すれば、余計な経費がかからずコスパが良い
・豊富なマニュアルと手厚いサポートが用意されているため、質問や疑問をすぐに解決し安心のサイト運用が叶う

よくある質問

支払い方法は何があるか?また請求書・領収書は発行してもらえるか?

支払い方法は、クレジット決済・コンビニ決済・おさいぽ決済・銀行振込・ゆうちょ振替から選べます。

請求書・領収書の発行には対応しておりません。

日割り計算はありますか?また月の途中から契約して無駄にならないですか?

契約日からの換算となるため、2022/4/5から12ヶ月契約をした場合は2023/4/4までが契約期間となり、月の途中からの契約でも無駄はありません。

プランの変更はできますか?

契約期間中のプラン変更は上位プランへの変更のみ可能です。下位プランへの変更はできません。

サポート時間帯やサポート内容を教えてください

ロリポップで用意されているサポートは下記の通りです。

メール:24時間
チャット:平日・土日9:30〜13:00/14:00〜17:30
電話:平日10:00〜18:00

電話サポートはスタンダードプラン以上の契約で利用できます。

転送量の制限はありますか?

転送量の制限はありませんがネットワークやサーバーに負荷がかかり他のユーザーへの影響が確認された場合や、短時間に大量のデータ通信が行われた場合には、制限がかかる可能性があります。

SLA(サービス品質保証)は何か?

ロリポップでは稼働率の取り決めについての詳細は案内されていません。基本的には非公開となっているそうです。

※2022年3月にサポートより回答

お試し期間などはありますか?

10日間の試用期間が用意されています。

\ハイスピードプランは初期費用無料! /

ロリポップのメリットとデメリット

メリット①高速で安定したWordPress環境・閲覧環境を実現!SEO対策としても有効!

ハイスピードプランを使ったロリポップでの検証結果では、どの時間帯でも約0.035秒の表示速度を安定して維持しています。

ロリポップではホームページの速いレスポンスはお客様とその先のサイト閲覧者を幸せにするという考えで、サーバーの高速化・安定化に取り組んでいるのです。

超高速サーバーを利用すれば、SEOに強くなり検索順位が上がる効果が期待できるでしょう。

メリット②アクセス集中時も早い表示スピードを維持し、ビジネスチャンスを逃さない

ロリポップのオリジナル機能「ロリポップ!アクセラレータ」では、サイトにアクセスが集中した時にも高いパフォーマンスと早い表示速度を維持します。

ユーザと同じテスト環境ではWordPressで制作されたサイトでは24倍のパフォーマンス改善結果が得られているのです。

そのため、ビジネスチャンスと言えるアクセス急増の機会を逃さずに、結果につなげられるでしょう。

メリット③老舗ならではの安定感があり安心してサイト運用ができる

ロリポップの運営元であるGMOペパポ株式会社は、業界大手であるGMOインターネット株式会社の系列会社で、2001年からレンタルサーバーを運用しているレンタルサーバーの老舗の一つであり、安定した運用が期待できます。

20周年を迎えたロリポップには170万人以上のユーザーがおり、200万サイト以上が開設されているのです。

デメリット①バックアップが有料になる

ロリポップは手頃な価格のプランを用意していることから、バックアップ機能がスタンダードプランまでは有料、ハイスピードプランからはバックアップ自体は無料で行われるものの、復元時には復旧手数料が11,000円必要になります。

7世代バックアップは月額330円ですが、基本のプランに必要な費用が非常に抑えられていることから、バックアップのオプションをつけてもコスト面で他社に劣ることはないと言えるでしょう。

デメリット②上位プラン以外は同時アクセスに弱い

リポップのエコノミープラン〜スタンダードプランはWebサーバーにApacheが利用されており、上限1万件の同時接続でレスポンスが下がってしまう恐れがあります。

ハイスピードプラン以上ではLiteSpeedが導入されており、このような心配はありません。

しかし1万件の同時アクセスは通常のサイト運用であれば、なかなか発生することではないため、レンタルサーバー導入開始時の問題ではないでしょう。

デメリット③ライトプラン以下では複数サイトの運用ができない

ロリポップではエコノミープラン・ライトプランで複数サイトの運用ができません。

先ほども説明しましたが、エコノミープランではWordPressが利用できず、ライトプランではデータベースの数が1つまでと制限されているためです。

複数のサイトを運用したいと考えているのなら、スタンダードプラン以上のプランを利用する必要があるでしょう。

契約後もプランのアップグレードは簡単に行えるので、複数サイトの運用を決めた時に上位プランに変更をするという手もあります。

口コミ・評判

レンタルサーバー「ロリポップ」を利用していて良いところは、「月額料金が安い割には、機能面も良いので、コスパに優れているレンタルサーバー」だなと感じています。
自分は、「スタンダードプラン」に加入しているのですが、「12ヶ月契約で月額660円」という安さで利用することができ、個人用のサイトを運営していくのに必要な要素は一通り揃っているので満足しています。
ディスク容量「300GB」もあり、MySQL「50個」、マルチドメイン「200個」とスペックも良いので、安価な値段でレンタルサーバーを利用したいと考えている人やレンタルサーバーを利用するのが初めての初心者にはおすすめのレンタルサーバーだと感じています。
(30代男性・スタンダードプラン)

ドメイン登録から、サーバーをレンタルして設定までがとてもスムーズに設定できました。
WordPressを使用していますが、こちらの簡単インストールボタンがあり、1ボタンで簡単に利用開始できる点も良かったです。独自SSL証明書の申込やSSL保護も簡単です。
メールアカウントの発行も可能で、ウィルスの心配が無いことも安心材料となっています。ウェブメーラーの機能もあるので、外出先からサーバー上のメールを開いたり、整理できます。
また、以前サーバーの更新日を超えて決済完了できておらず、一時停止になった経験があります。ロリポップのレンタルサーバーは自動更新のため、期限更新を忘れる心配はいりません。
(40代男性・ライトプラン)

アフィエイトブログを作りたいと考えていて、ロリポップを使用しています。
自分はサーバー契約・ドメイン作成などについて全くの無知だったため、どうしたら良いか調べていたところ、
ロリポップはコスパが良く、ムームードメインとリンクしていてドメイン取得も簡単そうだったので契約を決めました。
確かに、契約手続きやドメイン取得、WordPressダウンロードが全て簡単だったので、非常に助かりました。
他社からレンタルサーバーを借りた事がないので比較は出来ないですが、各種契約における段取りは設定などがわかりやすく、今のところはロリポップを契約した事で不満はないです。
(30代女性・スタンダードプラン)

以前までレンタルサーバーは高級な物でしたが、ロリポップの登場により、安価で気軽に利用可能なものになったと思います。
標準ドメインに「main.jp」が用意されている点が便利です。場合によっては独自ドメインを所得せずとも、そのまま使える感じです。
FTPやwebメーラーが備わっているので、PC側でそのソフトが無くても良く、ネットカフェなどでの作業も可能です。
また、ユーザーインターフェースが親しみやすい感じで良いですね。「いかにもサーバー」的な堅さがないと思います。
(30代女性・ハイスピードプラン)

元から手頃な価格ですが、契約期間が長いと割引が利いてさらに安くなります。データ量が急に増えるサイトでなければ、コストが低いので良いでしょう。
管理画面は使いやすいので超初心者でも困ることはありません。管理画面が使いづらいと、初心者のうちは調べたりしなければならないので面倒です。
また、標準設定が自動更新なので、契約忘れによってサイトがなくなってしまう心配がありません。
(60代男性・スタンダードプラン)

レンタルサーバー「ロリポップ」の悪かった点は、「サーバー速度が遅い」ところです。
ロリポップのプランの中にある「ハイスピードプラン」は、サーバー速度も速く、使い勝手は良いようなのですが、それ以外のプランはサーバー速度が遅いです。
WordPress内の動きが遅いことが多々ありますし、画像アップするのに失敗したりすることもあるので、サーバー速度に関しては今ひとつに感じています。
ロリポップは、安価な値段で利用することができ、スペックも良いですが、サイトの規模が大きくなったり、表示速度にもこだわっている人には合わないかなもしれません。
あと、「バックアップ機能が有料」であることも今ひとつに感じています。月額300円を別途で取られてしまうため、そこは残念に感じました。
(30代男性・ライトプラン)

悪い点としては、海外とのやり取りを会社で行う機会が多いのですが、メーラーによっては先方に届かずにエラーになり不着になる点です。
また、勝手なイメージで申し訳ないのですが「lolipop.jp」を利用しているのが個人が多いように感じています。そのため当方のように会社で利用している際、脆弱性を心配される事があり、ロリポップのイメージが改善されると良いのにと思います。
あとは新着情報など、青色のバックに青色の文字が書かれている文面がかなり見にくく、私は文字が小さく感じます。エラー情報やアップデート情報は、見やすく大きな文字で書かれていると良いです。
ログイン後の画面に保険の案内など広告バナーが表示されるのも気になります。
(50代男性・ハイスピードプラン)

登録後に使用している間では特にないですが、強いて言うなら登録当初のドメイン取得の点で苦労した記憶があります。
ロリポップ、ムームードメインのドメイン登録における過程で、ロリポップドメインと独自ドメインが勝手に重複して登録されてしまい「ロリポップドメインの設定が出来ない、独自ドメインで使用しているから」という不具合が起こりました。
当初は不慣れだったので独自ドメインの解除方法が調べてもわからずに、直接ロリポップのサービスまで電話をしてオペレーターの方に教わりながら対応しました。
この仕様は改善した方が良いと感じます。
(30代女性・ライトプラン)

高速化の為に設けられている、ロリポップアクサラレータが良くない気がします。
PHPやCSSのテストを行っていましたが、更新前の物が出てきてしまいます。
また、ライトプランでは、Lalavel等のフレームワークを、インストール出来ないのが残念です。
FTPでルートの上にファイルを設置できないのも難点で、webアプリを設置した場合は、セキュリティが懸念されます。
さらに、ライトプラン以上は他社よりコスパが良いのか悩みます。管理画面は古いブラウザを切り捨てている気がします。私はfirefox20で管理画面をずっと使っていましたが、ある日突然クレジットカードの決済が出来なくなりました。正常に処理されいるか分からず、怖いです。
(30代女性・ライトプラン)

料金が安かったのがお得でよかったのですが、最近値上がりして高くなりました。
利用しているとアップするデータ量が増え、それにつれスピードが遅くなっていっているような感じがします。
最初は、多くの方がお金をかけないで済まそうと思うものですが、長くサイトを運勢するなら、最初からお金をケチらず、ある程度コストをかけた方が良いかもしれません。
(50代女男性・スタンダードプラン)

まとめ

ロリポップは安さと高速・安定を両立したレンタルサーバーです。

初心者向けの手厚いサポートや分かりやすいマニュアルが用意されていることから、初めてレンタルサーバーを借りる方でも安心して利用できます。

特にハイスピードプランは初期費用が無料で、月額550円というコストで高速かつ安定したレンタルサーバーが使えます。

サイトにはマニュアルの他にも多くの導入事例が紹介されているため、確認してみると良いでしょう。

本当におすすめな人はこんな人

・初心者向けでシンプルな使い心地のレンタルサーバーを探している方
・手頃な価格で高速表示・操作が可能なレンタルサーバーが使いたい方
・手厚いサポートがあって特別な知識がなくてもサイト運営がしやすいレンタルサーバーを探している方

\ハイスピードプランは初期費用無料! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる