Database OracleDB インフラ

OracleDatabase 18cをLinux上にインストールする手順

投稿日:2018年7月27日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

この記事ではオンプレミス版のOracle Database 18cをインストール手順を紹介します。

遂にOracle Database 18cのオンプレミス版がリリースされたので早速インストールしてみました。

クラウド版結構前にリリースされていたのですので待望のオンプレミス版です

なお、Oracle DB 18cはオンプレミス版でははOracle Database 12cR(12.2.0.2)という位置づけになるそうです。

Oracle Database 18c is now available for Download!

なお、本記事ではデータベースの作成(インスタンス作成)を行いませんので注意してください。

以下にデータベースの作成方法をまとめましたの参考にしてみてください。

Oracle 18cでデータベース・リスナーを作成する手順

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。 本記事ではオンプレミス版Oracle Database 18cの「データベース」と「リスナー」を作成する手順を紹介します。 なお今回作成するデ ...

続きを見る


メディアの入手先

最新のOracleDatabaseは以下のサイトでダウンロードすることができます。

Oracle Database 18c (18.3)See All」⇒「Oracle Database 18c (18.3) for Linux x86-64」でダウンロードできます。

今後、最新のPSRのダウンロードは「Oracle Software Delivery Cloud」でダウンロードできます。

前提条件

今回は以下の環境でOracle Database 18c をインストールします。

ハードウェア条件

  • OS:Red Hat Enterprise for Linxu 7.3 (64Bit)
  • CPU:2 core
  • メモリ:4GB
  • Temp領域:8GB

必要なパッケージのインストール

RHEL7.3にOracleDatabase 18cをインストールするためのパッケージは以下になります。

  • bc
  • binutils-2.23.52.0.1-12.el7.x86_64
  • compat-libcap1-1.10-3.el7.x86_64
  • compat-libstdc++-33-3.2.3-71.el7.x86_64
  • glibc-2.17-36.el7.x86_64
  • glibc-devel-2.17-36.el7.x86_64
  • ksh
  • libaio-0.3.109-9.el7.x86_64
  • libaio-devel-0.3.109-9.el7.x86_64
  • libX11-1.6.0-2.1.el7.x86_64
  • libXau-1.0.8-2.1.el7.x86_64
  • libXi-1.7.2-1.el7.x86_64
  • libXtst-1.2.2-1.el7.x86_64
  • libgcc-4.8.2-3.el7.x86_64
  • libstdc++-4.8.2-3.el7.x86_64
  • libstdc++-devel-4.8.2-3.el7.x86_64
  • libxcb-1.9-5.el7.x86_64
  • make-3.82-19.el7.x86_64 make-3.82-19.el7.x86_64
  • smartmontools-6.2-4.el7.x86_64
  • sysstat-10.1.5-1.el7.x86_64

yumコマンドを使用して全てパッケージをインストールしてください。

各OSやバージョンによって必要なパッケージが異なるので以下のマニュアルから確認してください。

参考:Linux x86-64プラットフォームのオペレーティング・システム要件

OS上の設定

OSユーザの作成

oracleユーザを作成します。

12.2からはOSRACDBAグループが新規に追加されました。

dgdba」、「kmdba」、「racdba」ユーザーはDataGuard、暗号化、RACを使わない場合は必要ありません。

※今回は念のため作成しています。

インストールディレクトリの準備

rootユーザでインストールディレクトリを作成します。

ネットワーク設定

ファイヤーウォールを無効化させます。

今回は仮想OSにインストールするためDNSサーバがありません。

ホスト名をhostsへ記載します。

※ IPアドレスとホスト名は自身の環境に合わせてください。

インベントリ作成場所を設定

インベントリ作成場所は意外と忘れがちなので注意です。

カーネルパラメータ設定

カーネルパラメータの設定のために/etc/sysctl.confに以下の内容を追記します。

※ カーネルパラメータはサーバーによって変更する必要がありますので、適当な設定を行ってください。

シェル制限の設定

シェル制限を行うために「/etc/security/limits.conf」に以下を追記します。

「/etc/profile」にも以下の内容を追記します。

「/etc/pam.d/login」に以下を追記します。

OracleDB 18cのインストール

準備が終わったらOracle Database 18cのインストールを行います。

今回からダウンロードしたzipファイルをインストール先に配置して展開する必要があります。

予め「ORACLE_HOME」のディレクトリは作成しておきましょう。

展開が終わったら前バージョンのように「runInstaller」でインストールを開始します。

構成オプションの選択」で「ソフトウェアのみ設定」を選択します。

「構成オプションの選択」で「ソフトウェアのみの設定」を選択

データベース・インストール・オプションの選択」で「単一インスタンス・データベースのインストール」を選択します。

「データベース・インストール・オプションの選択」で「単一インスタンス・データベースのインストール」を選択。

データベース・エディションの選択」で「Enterprise Edition」を選択します。

「データベース・エディションの選択」で「Enterprise Edition」を選択。

インストール場所の指定」で「Oracleベース」を設定します。

ソフトウェアの場所は「ORACLE_HOME」が設定されていることを確認します。

「インストール場所の指定」で「Oracleベース」を設定。 ソフトウェアの場所は「ORACLE_HOME」が設定されていることを確認。

権限のあるオペレーティング・システム・グループ」で以下のように適切なグループが設定されていることを確認します。

「権限のあるオペレーティング・システム・グループ」で以下のように適切なグループが設定されていることを確認。

前提条件チェックの実行」を実施します。

「前提条件チェックの実行」を実施中。

前提条件チェックの実行」で検証結果を確認します。

※ 今回は仮想環境を使用したため物理メモリーが足りずに警告が出てますが、すべて無視にチェックを入れて次に進めます

「前提条件チェックの実行」で検証結果を確認。仮想環境のため物理メモリーが足りずに警告が出ているが無視。

サマリー」でグローバル設定の最終確認をします。

「サマリー」でグローバル設定の最終確認。

製品のインストール」画面が出たら、インストール中ですのしばらく待ちます。

「製品のインストール」画面が出たらインストール中なのでしばらく待つ。

以下の画面が出たら、「root」ユーザで赤枠の「root.sh」スクリプトを実行します。

rootユーザでORACLE_HOMEにある「root.sh」を実行

以下が実行ログになります。

以下の画面が出たら終了です、お疲れ様です。

runInstallerでOracle 18Cが正常にインストール完了。

インストールが完了したらoracleユーザの「.bash_profile」に以下の設定をしておきましょう。

SQL*Plus」や「lsnrctl」がすぐに使えるので便利です。

以上でインストールが完了です、お疲れ様です。

参考Installation Guide for Linux

 

 

スポンサードリンク

関連記事

-Database, OracleDB, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.