CentOS OS Python

LinuxにMeCabをインストールする手順

投稿日:2017年11月30日 更新日:

LinuxにMeCabをインストールする手順を紹介します。

最終的には、Pythonを使用して「マルコフ連鎖」を使用して自動文章作成ツールを作成したいと思います。

Pythonのインストール手順は以下になります。

LinuxにPython3系をインストールする手順

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。 LinuxにPythonをインストールする手順を紹介します。 LinuxにはデフォルトでPython2.xがインストールされています。 今回は ...


MeCabとは?

MeCabはオープンソースの形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓(さん)によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。
開発開始当初はChaSenを基にし、ChaSenTNGという名前で開発されていたが、現在はChaSenとは独立にスクラッチから開発されている。ChaSenに比べて解析精度は同程度で、解析速度は平均3-4倍速い。

Wikipediaより

すごいざっくり説明すると「文章を意味単位で単語にぶつ切りにする」ライブラリです。

ライブラリの由来も自分の好きな食べ物の「めかぶ」ということです笑

こういうところが工藤さんが一流の開発者であることが伺えます(主観)

インストール環境

今回のインストール環境は以下になります。

  • CentOS:CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
  • MeCab:MeCab 0.996
  • IPA 辞書:ipadic-2.7.0-20070801

MeCabには辞書が必要になります。

例えば、「私は朝にご飯を食べます。」という言葉は、

「私」、「は」、「朝」、「に」、「ご飯」、「を」、「食べる」、「ます」という単語に分けることが出来ます。

文章を分割するために、どこで分割するか?それが動詞か?名詞か?などを識別するために必要になります。

インストール手順

インストールの流れは以下になります。

  1. 必要なライブラリのインストール
  2. MeCabのインストール
  3. MeCab用の辞書をインストール
  4. Pythonへのバインディング

まずはMeCabのコンパイルには、gcc-c++が必要になります。

ちなみgcc-c++がないと以下のエラーが出力されます。

次にMeCabのインストールをします。以下のコマンドをコピペして実行します。

正常にインストールが出来たら↓で確認します。

次にMeCab用の辞書をインストールします。

まずはダウンロードからIPA 辞書「mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz」をダウンロードします。wgetコマンドですとエラーとなるので注意してください。

ダウンロードした「mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz」をCentOSに配してします。

配置しましたら下のコマンドでインストールします。

これでインストールは完了です。

インストール確認

インストールの確認をしてみたいと思います。

↓が実行ログです。

以上でLinuxへのMeCabのインストール手順は終了です。お疲れ様です。

参考Python3で形態素解析エンジンMeCabを使えるようにする(2016年3月版)

 

スポンサードリンク

関連記事

-CentOS, OS, Python

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.