Git プログラミング

JetBrains社製のIDE「PyCharm」などでGithubを利用する方法

投稿日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

JetBrains社製のIDE「PyCharm」でGithubを利用する方法を紹介します。

JetBrains社製のIDEはGitなどのバージョン管理システムのクライアントが付いていますのでソース管理がとてもやりやすいです。

事前にGithubのアカウントを作成しておく必要がありますので、以下の記事を参考にしてアカウントを作成しておきましょう。

参考Githubのアカウント作成とリポジトリ作成手順

なおこの記事ではPyCharmの英語版を利用して説明します。


Githubアカウントの事前設定

Githubを利用するためにはIDE上にGithubのアカウントを設定しておく必要があります。

まずメニューバーの「File」⇒「Settings」を選択します。

設定画面で「Version Control」⇒「Github」を選択します。

その後「+」マークを押して追加します。

以下の画面が表示されますので

  • Serverで「github.com
  • Loginで「メールアドレス
  • Passwordで「パスワード

を入力します。これでアカウントの事前登録は完了です。

Githubへリポジトリを追加

ここからGithubへリポジトリを追加していきたいと思います。

メニューバーの「VCS」⇒「Share Project  on Github」を選択します。

以下の画面で

  • Repository nameで「任意のリポジトリ
  • Remotoで「任意のリモート名
  • Descriptionで「リポジトリの説明

を入力します。有料会員の人は「Private」にチェックをいれます。

これで登録は完了です。

 

スポンサードリンク

関連記事

-Git, プログラミング

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.