Web

お問い合わせ”確認”フォームの作成方法 [C#/PHP/Ruby/PythonどれでもOK]

投稿日:2018年9月5日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

お問い合わせフォームで確認画面させてから送信や登録するための方法を紹介します。

C#PHPRubyPythonなど、どの言語でも原理や実装方法は同じになります。

Cookiesを使用した方法もありますが、今回は<form>タグから入力する値を画面遷移させていく方法になります。


フォームで入力した値を確認画面⇒送信画面と渡す方法

お問い合わせフォームで入力した値を確認画面で表示して、最終的に送信や登録する方法は簡単です。

入力フォームで入力した値を確認画面に渡し、

確認画面からは<input>タグや<textarea>タグは「type="hidden"」や「style=display:none;」で渡すことでうまく動きます。

下がお問い合わせフォーム⇒お問い合わせ確認⇒送信完了のイメージになります。

確認があるお問い合わせフォーム

ここからは処理の流れを紹介します。

「お問い合わせフォーム」の入力値を「お問い合わせ確認」画面に渡します。

この時にユーザーに見せたい情報を表示しますが、送信画面へ渡す値は「type="hidden"」や「style=display:none;見えないように隠します。

こうすることで「お問い合わせフォーム」で入力した値を「送信完了」画面まで渡すことができます。

<input>は「type="hidden"」で値を渡す

<input>タグをユーザーに見せないようにするには「type="hidden"」を使用します。

以下のように入力値を渡しましょう。

<textarea>は「style="display:none"」で値を渡す

<textarea>タグをユーザーに見せないようにするには「style="display:none"」を使用します。

type="hidden"」では属性を隠すことができないので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

-Web

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.