CentOS OS Ubuntu インフラ

Linuxでハッシュ値を取得コマンド

投稿日:2018年4月22日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

今回はハッシュ値についてまとめてみたいと思います。


ハッシュ値って何?

超簡単に説明しますとハッシュ値とはハッシュ関数を使用して生成される値のことです。

ハッシュ関数 (ハッシュかんすう、英: hash function) あるいは要約関数とは、あるデータが与えられた場合にそのデータを代表する数値を得る操作、または、その様な数値を得るための関数のこと。ハッシュ関数から得られた数値のことを要約値やハッシュ値または単にハッシュという。

ハッシュ関数-wikipediaより-

ハッシュが使われる場所

ハッシュ関数は主に検索の高速化やデータ比較処理の高速化、さらには改竄の検出に使われています。

  • データベース内の項目検索や結合キーの生成
  • 転送データの改ざん確認
  • 電子証明書

など様々なIT技術に利用されています。ちなみにOpenSSLにもハッシュ機能があります。

Pythonを利用するメリット・デメリット【初心者必見】

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。 Pythonのメリット・デメリットについてまとめましたので紹介します。 プログラミング初心者の人はPythonを利用する指針にしていただければ ...

Message Digest Algorithm 5(MD5)系

MD5とは与えられた入力に対して128ビットのハッシュ値を出力するハッシュ関数です。

MD5のハッシュキーの長さは、2128(約 3.403×1038 = 340澗(かん) = 340京の1京倍)通りのハッシュ値のパターンが存在します。

md5のハッシュ値は「md5sum」コマンドで取得します。↓が実行ログになります。

Secure Hash Algorithm(SHA)系

SHAは、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)によって指定された標準ハッシュ関数Secure Hash Standardに指定されている。

注意点はNISTが「開発」しているのではく、「指定」している点です。

これはNISTが強力かつ実用的なハッシュ関数を募り、その時に最も優れているものがSHA○○となるということです。

ハッシュ値はsha○○の○○が大きくなるほど強力な値になります。

sha1sum

sha224sum

 sha256sum

sha384sum

sha512sum

opensslコマンド

opensslコマンドでもハッシュを取得することができます。

↓がコマンド例です。

↓が実行ログです。

選べるハッシュ関数は↓になります。

オプション一覧
md2md5mdc2
rmd160shasha1
sha224sha256sha384
sha512

 

スポンサードリンク

関連記事

-CentOS, OS, Ubuntu, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.