お仕事ハック

Excelでセル書式”HH:MM:SS.xxx”を計算する方法

投稿日:2018年1月27日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

Excel(エクセル)で性能情報をまとめる時に使用すると便利な方法を紹介します。

性能情報をまとめる時には、「HH:MM:SS.xxx」のようにミリ秒まで測定して、より精密な情報を取得する時に便利です。

今回は以下の流れで記事を書いていきます。

  • Excelでセル書式「HH:MM:SS.xxx」に変更する方法(コピペしてもOKにする)
  • セル書式を指定した値を計算する方法(コピペしたセルの値でも計算できるようにする)

今回は経過時間を「HH:MM:SS.xxx」で表示します。

時刻ではないので注意してください。


Excelでセル書式「HH:MM:SS.xxx」に変更する方法

まずは対象のセルのセル書式を変更します。

右クリックして「セル書式設定」を指定します。

その後「ユーザー定義」で「hh:mm:ss.000」と入力します。

これでセル書式の変更は終了です。

セル書式を指定した値を計算する方法

セル書式を変更した場合、Excel関数では計算することができますが、普通の数値計算が使用することが出来なくなります。

例:平均をさらに10分の1にする場合など

セル書式を変更した値を計算したい場合、「=VALUE(TEXT([対象セル],"hh:mm:ss.000"))」でテキストデータを無理やり値データとして変換することで計算することができます。

=VALUE(TEXT(B6,"hh:mm:ss.000"))」とすることで綺麗に結果を出力することができます。

 

スポンサードリンク

関連記事

-お仕事ハック

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.