Database OracleDB インフラ

Oracle 18cでデータベース・リスナーを作成する手順

投稿日:2018年7月28日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

本記事ではオンプレミス版Oracle Database 18cの「データベース」と「リスナー」を作成する手順を紹介します。

なお今回作成するデータベースは「スタンドアローン」の「Non-CDB」構成になります。

まだデータベースをインストールしていない人は、以下の記事を参考に事前にインストールしましょう。

OracleDatabase 18cをLinux上にインストールする手順

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。 この記事ではオンプレミス版のOracle Database 18cをインストール手順を紹介します。 遂にOracle Database 18c ...

続きを見る


リスナーの作成

netca」コマンドでOracle Net Configuration Assistantを起動してリスナーを作成します。

リスナー構成」を選択します。

Oracle Net Configuration Assistantでリスナー構成

追加」を選択します。

Oracle Net Configuration Assistantで追加を選択

リスナー名」に「LISTENER」と入力します。既に「LISENER」が存在する場合は別の名前をつけましょう。

Oracle Net Configuration Assistantでリスナー名を指定

選択済プロトコル」に「TCP」を選択します。

Oracle Net Configuration AssistantでプロトコルをTCP選択

標準ポート番号の1521を使用」を選択します。

Oracle Net Configuration Assistantでポート番号を指定

ここでポート番号1521を既に使用している場合、「別のポート番号を使用」を選択して、任意のポート番号を選択します。

いいえ」を選択します。

追加のリスナーは作成しない

リスナーの構成が完了しました。」が出力されたら、リスナーの作成は正常完了しました。

リスナーの構成が完了した画面

データベースの作成

ここからはデータベースをDBCA(Database Configuration Assistant)で作成していきます。

今回は「スタンドアローン」の「non-CDB構成」で作成します。

データベースの作成」を選択します。

DBCAでデータベースの作成

拡張構成」を選択します。

DBCAで拡張構成を選択

データベース・タイプ」を「Oracle単一インスタンス・データベース」を選択します。

カスタム・データベース」を選択します。

DBCAで単一インスタンス、カスタム・データベースを選択

グローバル・データベース名」に「orcl18c」、「SID」に「orcl18c」を入力します。

コンテナ・データベースとして作成のチェックを外します。

データベースのSIDを設定。コンテナ・データベースとして作成しない

「データベース記憶属性に次を使用」を選択します。

「データベース・ファイルの記憶域タイプ」を「ファイルシステム」、「データベース・ファイルの位置」を任意の場所に設定します。

DBCAで記憶域属性に指定。ファイルシステムで設定する

高速リカバリ領域の指定」と「アーカイブ有効化」のチェックを外します。

※ただし構成によっては必要なので注意が必要がです。

高速リカバリ領域とアーカイブ有効化を無効化する

先ほど作成した「LISTENER」を選択します。

データベースで使用するリスナーを指定。先ほど作成したLISTENERを指定

すべてのコンポーネントのチェックをはずします。

データベース・オプションをすべて無効化

自動共有メモリ―管理を使用」で任意のSGAとPGAを設定します。

※ メモリーの管理方法は各環境に合わせて設定します。

自動共有メモリー管理を使用する。SGA_TAGETを使用。

ブロック・サイズ」を「8192」に設定します。

ブロック・サイズを8192に設定

Unicode(AL32UTF)を使用」を選択します。

各国語文字セットで「AL32UTF8」、デフォルト言語で「日本語」、デフォルト地域で「日本」を選択します。

データベース・キャラクタ・セットはUnicode(AL32UTF8)を指定

専用サーバモード」を選択します。

専用サーバー・モードを選択

データベースにサンプル・スキーマを追加」にチェックをはずします。

サンプル・スキーマを追加させない

Enterprise Manager Database Express」の利用する場合はチェックをいれます。

Enterprise Manager Database Expressを構成有無を設定

すべてのアカウントに同じ管理パスワードを使用」で任意のパスワードを入力します。

すべてのアカウントに管理パスワードを設定

下の画面が出ても無視してはいを選択します。

データベースの作成」にチェックをいれます。

データベース作成オプションを指定

作成するデータベースのサマリーを確認してインストールを開始します。

作成するデータベースのサマリー画面

下の画面はDBの作成中なので少々待ちます。

データベース作成の進行状況画面

以下の画面が表示されたらインストール完了です。

データベースの作成が正常に完了

データベース作成後の作業

.bash_profile」に環境変数を設定しておくことで、oracleユーザにログインしてSQL*Plusで直ぐに接続できるようになります。

SQL*Plusを個人で使用するならば「glogin.sql」に以下の設定を入れておくと大変使いやすくなります。

 

スポンサードリンク

関連記事

-Database, OracleDB, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.