VirtualBox インフラ

VPN接続している状態でもゲスト仮想マシンにアクセスする方法

投稿日:2017年10月11日 更新日:

VPN接続で会社ネットワークに接続しながら自分のPC上の仮想マシンに接続する方法を紹介します。

やり方は簡単でローカルホストを対象ポートにポートフォワードすればよいです。

今回はVirtualBoxでやりますが、VMWareでもやり方は同じです。


ローカルホストにSSHで接続

設定方法

今回はゲストマシン上のRHEL7.3にSSH接続する方法を紹介します。

まずは対象のサーバを選択し、設定をしましょう。

サーバが停止していないとダメなので注意。

ネットワークタブ」⇒「割り当てをNAT」⇒「ポートフォワーディング」を選びます。

「+」マークを押します。

ホストポートを50000以上で今回は50022ゲストポートを22を設定ます。

その後OKを押しましょう。

下の画面に戻りますので、ここでも「OK」を押しましょう。

接続確認

Teratermを起動して、ホスト名を「localhost」、ポート番号を「50022」として接続します。

ちゃんと返ってきます。今回はrootユーザで接続してみます。

接続できました!!めでたしめでたし。

まとめ

気づいている人もいると思うが、

ゲストポートに接続させたいポートをして、

ホストポートにホストマシンで被っていないポートを指定すればよい。

そうすればFTPだろうがSAMBAだろうがなんでも繋がります。

まだVirtualBoxを入れてない人は↓を参考に入れよう。

VirtualBoxをWindowsOSにインストール

仮想化マシンソフトといえば「vmware player」だが、私は仕事の関係上「Oracle VM Virtual Box」を使用することが多い。 このブログを作成し、今まで以上に仮想環境でLinux ...

 

スポンサードリンク

関連記事

-VirtualBox, インフラ

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.