AI 読書

読書記録「60分でわかる! 機械学習&ディープラーニング 超入門」

投稿日:2017年9月12日 更新日:

シミダイです。

ちまたではAIブーム!!!

私も今後AIの仕事がしたいなーと思い、AI関連の本を読み漁ってます。

今回は数冊読んだ中でかなり簡単な部類。ブログに読書記録を残しておこうと思います。


内容と要約

章立てととしては、

  1. 機械学習の基本
  2. 実用される機械学習
  3. 機械学習の仕組み
  4. 機械学習をビジネスに導入する
  5. 機械学習ビジネスの未来

の5章だてになっているぞ。

第1章は機械学習とは?AIとは?が書かれている。

マジで簡単に書かれているので直ぐに読み終わってしまう。

第2章は今の社会で実用化されている例を紹介されている。

Alpha goだったり、車の自動運転だったりと比較的とっつきやすい内容から、

MR分野やスーパーの品出しと意外と広く説明しているぞ。

それはAIなのか?って分野も多々。

結局AIは言ったもん勝ちだぞ。

第3章は、1、2章の内容を元に機械学習・AIの専門用語を説明している。

この章のワードは一通り覚えておくと、なんとなくAI・機械学習の話ができるようになる気がする。

第4章はどのようにAIを利用していくか、AIの始め方が書かれている。

この本で一番いいたいこと、それはAI・機械学習で最も重要なことは”データ”。

なのでデータを大量に持っている、Google、Facebook、Amazonがこれからの大AI時代の覇者になるではないか?

と私は考えている。革新的なアルゴリズムができれば別だけどね。

第5章は機械学習・AIのこれからが書かれている。

夢や希望、妄想がめっちゃある。そりゃねえだろって話もある。

この章にターミネーターの世界もある。シュワちゃんに会えるのはまだまだ先になりそうだ。

 活用ポイント

とにかく簡単に書かれている。60分でわかる!というのは正直微妙である。。。

が、簡単に書かれているので

AIを勉強した、でも何から勉強取りかかっていいかわからない。

って人はまずこの本を読んでみよう。

ざっくりAIは何かがわかるだろう。

だがこの本だけでは何も得たことにならないので注意。

この本だけ読んで商談に行くとエライ目にあるぞ。

こんな人におススメ

  • AIを勉強してみたい学生、エンジニア
  • 急にAIの営業部に配属になった人
  • ターミネーターの世界におびえている人

スポンサードリンク

関連記事

-AI, 読書

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.