健康 雑記

アレルギー検査は成人は受けるべき。費用は?どんな項目があるの?

投稿日:2018年6月24日 更新日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

成人でもアレルギーが発症して、かゆみ炎症反応が出てきてしまします。

メジャーなアレルギーでいうと「ハウスダスト」や「スギ花粉」などあります。

アレルギーによって疲れが溜まったり肩こりになったりと以外にも症状に種類があります。

今回はアレルギー検査を行ってきましたの、「費用」やどんな「検査項目」があるのか紹介したいと思います。


アレルギー検査って何?

アレルギー検査とは、主要なアレルゲン物質に対してアレルギー反応するかを格納する検査になります。

アレルギー検査は、検査キットになっており全てのアレルゲン物質に対して検査を行うことが出来るわけではありません。

大きく分けて「植物」、「動物・昆虫」、「食物」の各項目の検査を行います。

現在手軽に受けることが出来るアレルギーの検査キットは2種類あります。

  • Viewアレルギー39
  • IgE-MAST33

私はアレルギーの項目が多い、「Viewアレルギー39」をオススメします。

血液からアレルギー検査を行うので、注射が苦手な人は覚悟して受けましょう。

アレルギー検査の費用は?

アレルギー検査の費用は、「Viewアレルギー39」、「IgE-MAST33」ともに保険の3割負担がある状態でおよそ「5,000円」になります。

この5,000円にプラスして、診療代が500円ほどかかります。

アレルギー検査の検査項目は?

「Viewアレルギー39」では下の項目のアレルギー検査を行えます。

検査項目
 
ヤケヒョウダニハウスダストネコ皮屑
イヌ皮屑カモガヤオオアワガエリ
ブタクサヨモギスギ
ヒノキハンノキシラカンバ
ゴキブリカンジダ
アルテルナリアアスペルギルスマラセチア
ラテックス卵白オボムコイド
ミルク大豆ピーナッツ
小麦ソバ
豚肉鶏肉牛肉
マグロサケサバ
エビカニバナナ
キウイリンゴゴマ

「IgE-MAST33」では下の項目のアレルギー検査を行えます。

検査項目
コナヒョウヒダニ1ハウスダストネコ皮屑
イヌ皮屑オオアワガエリカモガヤ
ブタクサ混合物ヨモギスギ
ヒノキハンノキシラカンバ
ハルガヤカンジダアルテルナリア
ペニシリウムクラドスポリウムアスペルギルス
ラテックスソバ小麦
ピーナッツ大豆
マグロサケエビ
カニミルクチェダーチーズ
牛肉鶏肉卵白

赤枠がそれぞれの検査キットの項目の違いです。

なお、上の検査以外にも追加で検査項目を増やすこともでき最大で200種類ほどあるそうです。

仮に検査キット以外の項目で、日頃からよく食べているものや久しぶり食べたもので、急に身体の”かゆみ”や”炎症”などが発生した場合は、

アレルギーに該当している可能性があるため追加検査をすることオススメします。

アレルギー検査が出来る病院は?

アレルギー検査出来る病院は、

  • 内科
  • 皮膚科
  • 耳鼻咽喉科
  • 小児科
  • アレルギー外来(アレルギー科)

のある病院になります。

ただ病院で検査するわけではなく、採血して検査キットを大学病院や検査機関に送り、

アレルギー検査をするためどこの病院でも受けることができます。

まずは近くの病院でアレルギー検査が出来るか確認してみましょう。

私のアレルギー検査結果

私は「Viewアレルギー39」を受けてきました。

下が私の検査報告書です。

Viewアレルギー39の検査報告書

クラスが0の場合アレルギー反応が出ていません。

クラスが1の場合アレルギー反応の疑いがあります。

クラスが2以上の場合アレルギー反応が出ていることになります。

ハウスダスト」や「スギ花粉」はアレルギーなんだろうなぁと思っていましたが、

普段から気にしていなかった、「エビ」、「りんご」、「キウイ」がアレルギーだったのは驚きです。

エビは好きだったので、これから食べる機会が減るとなると残念です。

アレルギー検査のまとめ

本記事のまとめ

  • アレルギー検査は検査キットで行い「Viewアレルギー39」と「IgE-MAST33」があり、費用は5,000円程度
  • 内科皮膚科など近くの病院でもアレルギー検査を行うことが出来る
  • アレルギー検査キットで検査項目は「植物」、「動物・昆虫」、「食物」に分かれている30種類以上まとめて検査可能

 

スポンサードリンク

関連記事

-健康, 雑記

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.