雑記

鯵家(アジヤ)赤羽店がオススメすぎる件

投稿日:

こんにちは!シミダイ(@shimidai2100)です。

鯵だけで飲み屋駅「赤羽駅」に殴り込みをかけた、「鯵屋」に行ってきました。

TVや新聞などでも度々紹介されております。

鯵屋のコスパが良すぎたので、今回は鯵屋の行き方・オススメ料理すごいところを紹介します。


鯵屋への行き方

鯵屋の場所は↓になります。

東京都北区赤羽2丁目12ー3

では、道順を順を追ってお教えします。

まずJR赤羽駅の北口でおります。北口を降りましたら右手(東側)に進みます。

すると↓のロータリーに出ます。写真のマツモトキヨシの道をまっすぐ進みます。

まっすぐ200mほど進むとLaLaガーデンという商店街があります。この商店街に入っていきます。

100mぐらい進みますと、マツモトキヨシがあります。このマツモトキヨシの角を左に入っていきます。

すると青い看板で「鯵屋」という看板があります。ここが鯵屋です!

鯵屋のオススメ(昼ごはん編)

昼ごはんは食券方式になっています。

メニューは写真もあるので選ぶときに参考になります。

特にオススメは、

  • アジフライ定食
  • 鯵屋のなめろう定食
  • ミックスフライ定食
  • 鯵屋定食
  • 鯵の塩焼き定食
  • たたき丼セット
  • アジフライ丼セット
  • アジメンチ丼セット

だそうです。都内で1000円以下でお魚ランチを食べられる有難いお店となっています。

私は寒いこともあって、鯵の鍋丼を頼みました。これで680円です。

 

鯵屋のオススメ(夜のみ編)

今回は夜は行っていませんが、↓のようなメニューがあります。

どれもリーズナブルです。夜も行きましたら記事に追記したいと思います。

番外編:鯵屋の凄いところ

鯵屋のビジネスモデルは本当に凄いと思いました。それをただただ雑記として書いていこう思います。

超ニッチ → 独占の方程式が出来ている

まず鯵で勝負しようと思うだろうか?超ニッチである。

しかしこれは超重要だと思います。かの起業家「ピーター・ティール」も

競争は負け犬がするもの

と言っています。これはいかに市場を独占するか?を説いています。

鯵だけのビジネスで誰が参入しようとするでしょうか?

普通は思いついても実行しません笑

このように小さな市場をしっかり独占することがビジネスには必要です。

廃棄ロスが少ない

鯵に特化しているため、廃棄ロスを最小限にすることが出来ると考えられます。

刺身用で入荷して、鯵が古くなったら→なめろう→アジフライ・すり身として利用することで廃棄ロスを減らすことが出来ます。

また仕入れ品数を増やすことで価格変動も考える必要があります。

仮にマグロ・イカ・タイを使用する料理を用意するとなると、仕入れの変動が

さらに一回に大量に鯵を仕入れることで卸業者としても取引がしやすいと考えられます。

ビジネスをシンプルにすることで成功した良い事例です。

事業の拡大がしやすい

一つの商品に絞ることでオペレーションが標準化・マニュアル化することができるため、事業の拡大がしやすいと考えられます。

100品料理を覚えよりも、1品を覚える方が簡単ですよね?

この標準化したオペレーションを利用すること2店舗目、3店舗目、さらにはフランチャイズ化などがやりやすくなります。

さらに仮に鯵がダメになったとしても、1食材の料理屋でマグロやイカなど他の食材にシフトすることも可能です。

 

このように鯵屋は鯵(味)が良いだけでなく、ビジネス的にも素晴らしいお店です。みなさんもぜひ行ってみてください!

[amazonjs asin="B004UT42GU" locale="JP" title="マルキュー(MARUKYU) アジジャンボ"]

スポンサードリンク

関連記事

-雑記

Translate »

Copyright© shimidai2100 , 2018 All Rights Reserved.